順送型と単発型を英語で言うと

2014年3月26日更新
順送型と単発型を英語で

金型にはいろいろな分類がありますが、一回のプレスで複数の工程を仕上げてしまうような金型を順送型といい、生産効率の向上に寄与します。具体的には、左から順番に1番目の工程、2番目の工程、3番目の工程となるように金型を作っておき、材料を少しずつ順番に送っていくと、最初は1番目の工程しか加工できませんが、この分が3番目に到達する段階では、1〜3の工程を1回のプレスで行っていく金型になります。順番に材料を送っていくため、「順送」という表現が使われます。

一方で、一回のプレスで一つの型を抜いたり、曲げを行ったりするような一工程の加工に対応した金型を単発型と呼ぶことがあります。一般的な金型のイメージはこの単発型のことになると思います。会社によっても表現の仕方は違うので、注意が必要です。

英語では順送型のことをprogressive dieやprogressive moldと呼び、対して単発型のことをsingle moldやsingle operation moldと呼びます。

両者は「金型」ですが、貿易などで輸送する際などにはいわゆる順送型と単発型の価格の相場というのはだいぶ違いますので、progressive dieを送っているのに単発型なみの価格をつけていると、国によっては税関を通る際に確認が必要になったり、輸出や輸入がスムーズに行かないこともあります。

スポンサーリンク

>このページ「順送型と単発型を英語で言うと」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集