TS16949とは何か|TS16949の基礎知識

2012年11月05日更新

TS16949は規格の一種で、自動車業界に共通の要求事項を定めた規格になります。略してTS(ティーエス)と呼ばれることの方が多いかもしれません。ISO9001がまるまる元になっているため、正式にはISO/TS16949とも言います。

とくに、自動車部品や自動車用材料メーカーなど、自動車メーカーへ製品を納入する会社を対象に、「欠陥の予防」や「バラつきと無駄の低減」を実現するために必要な自動車業界に固有の要求事項をまとめた規格になります。こうした業界固有の部分を付加した規格は「セクター規格」ともいいます。

基本的には品質マネジメントシステム(QMS)であるISO9001がベースにあり、これに業界固有の部分をさらに付け足したものといえます。このTS16949は自動車業界共通のものですが、さらに個別の自動車メーカーとの取引では、メーカーに固有の個別要求事項を満たす必要があります。例えば、トヨタとホンダに納入するのとではこの部分に違いが出てきます。

TS16949では徹底した顧客志向が貫かれているため、顧客重視が第一にきます。つまるところ、自動車メーカー主体で作られた規格なので、これらメーカーが仕入先に要求する事柄といえます。

TS16949の審査機関認定や、審査登録ルールの制定を行うのはIATFです。また審査登録業務の監視も各地域で行われており、担当するのは米州・アジア・オセアニアではIAOB、イギリスではSMMT、イタリアではANFIA、欧州やアフリカ、ドイツをVDA−QMCとなっています。

スポンサーリンク

>このページ「TS16949とは何か|TS16949の基礎知識」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集