金型の面数や取り数、増面を英語で表現

2013年8月28日更新
金型の面数や取り数、増面を英語で

金型に関する用語は日本語でも工場や会社によって意味が微妙に異なる為、英語にする場合は、もともとが何を意味しているのかをまず理解する必要があります。

また、日本語と違い英語では「金型」が次の二種に分かれますので、以下の表現もまずはどちらの型なのか判別してからになります。(moldではない金型の場合は、以下の表現すべてをdieに置き換えてください)

DieとMoldの違い

英語には金型の言い方が二つあり、端的に言えば、加工しようとしている素材の状態によって金型の名称が異なります。

金型を英語で|dieとmoldの違い
金型の名称 説明 金型の種類
Die プレスやタレパンなどで型取りするような用途の金型、形のある素材を用いる場合にはdieの用語をあてます。 プレス金型、鍛造型
Mold 液体かそれに近いような性質、粉末のものを流し込んで使う型をいいます。溶かした金属やガラス、セラミックス粉末、各種粉末、プラスチックやゴム用の金型、樹脂型などはすべてMoldの用語をあてます。 射出成形型(injection mold)、粉末成形型、ダイカスト型、鋳造用金型、プラスチック用金型、ガラス用型、ゴム用金型

英語ではどちらの金型なのかをまず踏まえたうえで、金型の面数や取り数といった独特の日本語を英訳した場合、どのような表現になるのか以下に見ていきます。

金型の面数に関する英語表現

金型でいう面数とは、金型の個数そのものを意味していることが多く、この場合は、個数に応じた表記をそのまま使えます。

金型の面数に関する英語表現
日本語 英語
金型2面 2 molds
金型の面数 number of molds
必要な金型の面数が足りない we lack the number of molds needed
 

一方で、金型の分割面や交接面などはparting surfaceといった言い方が用いられます。

現場用語、専門用語に惑わされず、意味しているものを英語に

「面」と言う言葉が入っている為、金型の面数のことをmold surfaceと表記する方もいますが、これだと金型の表面のことになるため、よくよく元の意味を確認する必要があります。金型の表面処理のことを言う場合などには、mold surface treatmentという言い方が使われます。

金型の表面を英語で言うと
日本語 英語
金型表面 mold face, mold surface

金型の増面、増面型に関する英語表現

なお、これに関連した表現としては、増産するために同じ金型の個数を増やすことを「増面」、その金型自体のことを「増面型」といったりしますが、この場合も英文に直訳してしまうと意味が分からなくなります。「面数」は金型を数える「単位」であるため、増面は、単に金型の数を増やすことと同義です。

In order to correspond to your request, we need 4 additional molds.
ご要望にお応えするためには、金型の増面が4面必要です。
増面すべきかどうかの判断材料が欲しい
We need information whether to increase the molds or not.
増面してもらえませんか
Could you possibly increase the number of molds?
増面型
additional mold, sub-mold, backup mold

今使っている金型を同タイプの新しいものと交換、更新する場合、「更新型」を使うといった表現が用いられる場合があります。

金型の取り数に関する英語表現

金型で取り数といった場合は、1つの型から何個成型物がとれるかを示したものです。上記の面数と混同される方もいますが、面数はあくまで金型そのものの数に関わる表現で、取り数は一つの型から何個製品が作れるのかを示す表現です。

量産用のものであれば、技術的な問題がない限り、一つの型からなるべく多くの製品がとれる多数個取りにしたほうが生産コストが下がります。

英語で金型の取り数を書くと
日本語表現 英語表現
多数個取り金型 multicavity mold
1個取り金型 single-cavity mold
金型の取数、取り個数 cavitiy, number of cavity
4個取りの金型 mold with 4 cavities
2個取りの金型を増面 prepare additional mold with 2 cavities
発注単位がこれら金型の取り数とあいません。 Your order quantity do not match to the number of cavities for these molds.

cavityそのものは型穴のことを意味しています。

金型に関わるその他の英語表現

そのほか、金型に関する用語で使用頻度が多いと思われるワードをピックアップしてみました。

金型に関する用語を英語で言うと
日本語での表現 英語での表現
型割り面、金型の分割部分の線 parting line
バリ溝 flash groove
バリ burr
インロー(金型における) centering location
型改造 mold modification
シボ texture
金型に用いる中子(なかご) core
金型製作 mold building
金型冷却 mold chilling
金型部品 mold component
金型設計 mold design
型彫 mold engraving
射出成型 mold injection
金型の離型剤 mold lubricant, mold release agent
砂型 sand mold
発泡用金型 foaming mold
試験用金型 test mold
量産型、量産用金型 off tool
成形品 molded item, molded object, molded piece, molded product
金型めっき mold plating

スポンサーリンク

金型の面数や取り数、増面を英語で表現するの関連例文

>このページ「」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集