文献検索のための情報源

2012年5月1日更新

昨今、多くの技術が分野の壁や国境を越え、新たな製品の開発に活かされています。こうした加速度的な製品開発合戦の背後には地道な研究の数々があるわけですが、昔に比べて製品開発に許されていた時間がどんどん短くなっているような気もします。

こうした状況にあっては、よほど特殊なものでない限り、先行研究の有無や内容を知っておくことは研究開発上、分野によっては必要不可欠のものとなりつつあります。また最新の文献検索によって、引用文件数から注目を浴びている文献、最新の研究内容、競合会社の研究者の動向や、その分野では何が既知となっているのかを明確に判別する指標にもなります。

とはいえ、産業界と学術の研究との間に大きな乖離がある分野については、学術論文の数が少なかったり、産業上は有用であっても学術的に探求する価値がない、あるいは学術的に高い価値がある内容についても産業上の応用性が難しい、あるいは実用上の研究開発のほうがすでに先に進んでいる等の問題も考えられます。学術論文と、新製品や新技術の開発は目的がそもそも違うため、これは致し方ないのですが、双方の利益は相反するものではなく、互恵関係にあると信じたいものです。

文献の検索の方法は、いくつかの方法がありますが、以下はその一例です。

網羅的な文献データベースを用いる

Web of Science、Web of Knowledge、Elsevierなどの多数の専門誌に発表されている論文の情報を網羅的に扱うデータベースで、発行年月や著者、テーマ、キーワードなどで文献を調べていく方法です。

Web of Scienceを用いる
Web of Scienceはトムソン・ロイターによる学術データベースで、凡そ12000誌以上の専門誌をカバーする巨大データベースです。特にWeb of Scienceについてはある文献の引用件数も調べられるため、引用件数の多さがすなわち有用な研究というわけでもないのですが、手探りで新分野を調べ始める場合には手がかりにはなります。企業単位や大学単位で契約している場合もあるので、所属組織で使うことができるのか確認しておくとよいでしょう。大学の図書館などで契約している場合、利用可能かどうか事前に問い合わせをしておくとよいでしょう。
Elsevierで調べる
Elsevierはオランダに本社を構える大手の学術出版社で、多くの専門誌の発行を手がけていますが、専門誌のオンラインでの購読サービスもあります。同社の運営するScience directは専門誌(ジャーナル)のタイトルを調べるのにも有用です。
査読付などの専門雑誌の個別データベースを用いる
その分野の専門誌の名称がわかっているのであれば、その専門誌に検索対象を絞って、上記のような文献データベースを用いる、あるいはElsevierの場合であれば、発行月数ごとに閲覧も可能となるため、一つ一つ調べていくことができます。
その分野に関連する専門誌を定期的に調べる
調べておくべき文献のテーマをよく扱っている専門雑誌が判明しているのであれば、定期的にこれらを調べる方法も効率的です。
Google scholarを用いる
Googleが提供する学術論文の横断検索であるGoogle scholarを使って、関連文献のタイトルを調べていくという方法です。英語で検索しないとうまくかからないキーワードもあります。
Science.govを用いる
米国政府系機関の有する文書、データベース、書誌情報などの一元的な検索ができます。
PubMed
米国国立医学図書館(U. S. National Library of Medicine)が提供する、医学文献2次情報データベースMEDLINEを中核とする無料医学情報サービスです。
専門誌の略称に関する情報源
引用されている文献の掲載誌を調べる際、略称だけしか掲載していない場合があります。こうしたケースで海外専門誌の正式名称と略称について調べるためのガイドです。また逆に正式名称の略称の調べ方についても記述があります。
Scientific and Technical Information Network Service(STINET)
国防総省関係のテクニカル・リポートと規格を検索・全文アクセスできる無料データベースです。

スポンサーリンク

文献検索の関連記事

  • 文献に出てくる不明略語

>このページ「文献検索のための情報源」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集