QC7つ道具の基礎知識

2012年11月18日更新

製造業によって「品質」は信頼に直結する重要なものです。この品質を管理する有効な手法として活用されるのが、QC7つ道具(Q7)と、新QC7つ道具(N7、ニューセブン)です。

QC7つ道具は、Q7ともいわれますが、主に数値データを効率的に、論理的に処理、整理するための道具セットです。一部では言語データも扱います。一方、新QC7つ道具はといえば、主に言語データを整理し、整序するための道具になります。状況によって両者を併用したり、使い分けたりすることで問題を明確にし、解決に導く手がかりとなります。

これらの道具は品質管理の分野で非常に多用されていますが、他の分野でももちろん使うことは出来ます。またいくつかのツールについては、私たち自身が知らずに使っているようなものもあります。

まずは、実際の現場で、現物を前にし、現実を観察するといった三現主義に基づいて得たデータを解析し、問題解決につなげていくことが基本となりますが、闇雲に考えても埒が明かないこともあります。データには解析の作法や分析の見方があります。平均値を見たり、ばらつきを見たり、何が起きているのか、何が問題なのかを事実とデータに基づいてロジカルに見ていくことではじめて真の問題解決につなげていくことができるようになります。そして最終的に、顧客満足につなげていくことが可能となります。

こうした問題解決の科学的な手法として活用されるQC7つ道具の特徴をそれぞれ見ていきます。

スポンサーリンク

>このページ「QC7つ道具の基礎知識」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集