4大プラスチックとは

2021年5月9日更新

4大プラスチック(5大プラスチック)とは、四大汎用樹脂あるいは分類の仕方によっては五大汎用樹脂とも言い、汎用プラスチックのうち、特に使用量や頻度が多い4種類のプラスチックを意味しています。その4種とはすなわち、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)となります。

5大プラスチックといった場合、5種類目にPET(ポリエチレンテレフタラート)、ABSをカウントする流儀と、ポリエチレンをさらに低密度ポリエチレン (LDPE) と高密度ポリエチレン (HDPE)に分けてカウントする流儀とがあり、意見の一致をみません。ただし、4大プラスチックであるPE、PP、PVC、PSについては、エンプラなどの高機能を持つものではない「汎用プラ」であること、「生産量が多いこと」という基準においてはほぼ揺るぎない区分けといえます。というのも、この4種のプラスチックの生産量は日本国内を見ても、プラスチック全量のおおよそ7割近くにもなります。

なかでもPEとPPについてはここ20年以上、トップ2から外れたことがありません。

PEの主要な用途はフィルムや包装材料で、低密度ポリエチレン (LDPE) であれば約5割近くが食品用、農業用、産業資材用のフィルムとして使われます。高密度ポリエチレン (HDPE)も約3割近くが包装材料やビニール袋で、ボトルや容器としての用途が約2割となります。

PPのほうは、フィルムではなく射出成形で形作られるプラ製品が多く、約5割がこれらの用途で、例えば、家電や自動車をはじめとする工業部品、飲料用コンテナ、雑貨、容器、衣装ケースなどです。フィルムとしても全体の約2割となります。

PVCは住宅建設や土木などに使われる用途が約5割となります。床材やパイプなどの需要が多い汎用樹脂です。

PSは包装用が5割近くの用途を占めています。他、電気・工事用や家電の筐体・部品としても使われます。発泡スチロールとしての用途も全体の2割近くあります。

世界でのプラスチックの使われ方を見ると、国内での用途と大きくは違わず、プラスチック全体の4割近くが何らかの包装材料として使われています。次いで、建設・土木、繊維が続きます。

スポンサーリンク

>このページ「4大プラスチックとは」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「プラスチックの種類と用途、物性について」へ戻る

4大プラスチックとはの関連記事とリンク

プラスチック(樹脂)の種類と記号一覧表
プラスチックリサイクルマークの数字の意味と種類
4大プラスチックとは
バイオプラスチックの種類と原料|デメリットや課題はどこにあるか
PFOAの使用と含有製品はいつから規制か|フライパンから繊維、撥水剤、泡消火剤まで
プラスチックの比重、密度の一覧表
プラスチックの融点、耐熱温度の一覧表
プラスチックの熱変形温度の一覧表
プラスチックの難燃性|UL規格と酸素指数から見る難燃性の度合い
プラスチックの引張強さの一覧表
プラスチックの比熱の一覧表
プラスチックの熱膨張係数、熱膨張率の一覧
プラスチックの熱伝導率の一覧
アロイ化とは
熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の違い
フェノール樹脂(PF)
ユリア樹脂(UF)
メラミン樹脂(MF)
不飽和ポリエステル樹脂(UP)
ポリウレタン(PU)
ジアリルフタレート樹脂(PDAP)、アリル樹脂
シリコン樹脂(SI)
アルキド樹脂
エポキシ樹脂(EP)
フラン樹脂
ナイロン6(PA6):ポリアミド(PA)の一種
ナイロン66(PA66):ポリアミド(PA)の一種
ナイロン12(PA12):ポリアミド(PA)の一種
ポリアミドイミド
ポリアセタール(POM)
ポリカーボネート(PC)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリブチレンテレフタラート(PBT)
GF強化ポリエチレンテレフタラート(GF-PET)
超高分子量ポリエチレン(UHPE)
ポリフェニレンスルフィド(PPS)
ポリイミド(PI)
ポリエーテルイミド(PEI)
ポリアリレート(PAR)
ポリスルホン(PSF)
ポリエーテルスルホン(PES)
ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
液晶ポリマー(LCP)
ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、いわゆるフッ素樹脂
ポリクロロトリフルオロエチレン(PCTFE)、いわゆるフッ素樹脂
ポリエチレン(PE)
ポリプロピレン(PP)
ポリスチレン(PS)
アクリロニトリル−スチレン樹脂(AS樹脂)
アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン樹脂(ABS樹脂)
ポリ塩化ビニル(PVC)
メタクリル樹脂(PMMA)
ポリエチレンテレフタラート(PET)
ポリビニルアルコール(PVA)
酢酸セルロース(CA)
プロピオン酸セルロース(CP)
硝酸セルロース(CN)
ポリ乳酸(PLA)
フラン-ホルムアルデヒド樹脂(FF)
エチルセルロース(EC)
フェノール-ホルムアルデヒド樹脂(フェノール樹脂)(PF)
ポリスルホン、ポリスルフォン(PSU)
ポリ塩化ビニリデン(PVDC)
ポリフッ化ビニリデン(PVDF)
アイオノマー樹脂
FRP(繊維強化プラスチック)
炭素繊維メーカーの一覧
プラスチックの黄ばみ除去について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集