マレーシアのHSコード、関税率表

2013年1月23日更新

マレーシアのHSコードは合計9ケタで構成されており、以下のサイト(マレーシア税関)からHSコードとともに関税率も調べることが出来ます。

アクセスすると以下の画面になります。

マレーシアの関税とHSコード
※クリックすると画像が拡大

マレーシア国旗のあるアイコンが並ぶ列は、MFN税率だけでなく、ASEAN内で適用される関税率、同国が各国・地域別に締結しているEPA・FTA協定に基づく税率もそれぞれ選択することで検索可能です。

  • 1.まずは上部のタブをクリックし(HOME CUSTOMSなどと書かれた列の真下の列です)、どの関税率を調べるのかを決めます
  • 2.HSコードを左メニュー部分のボックスに入力します。HSコードは途中まででも検索可能です。
  • 3.すぐ下にあるSearchのボタンをクリックします。

検索した結果はしばらく残る為、輸入先によって適用する協定が複数ある場合などは、続けて上部のタブをクリックして該当する協定の関税率を調べることが出来ます。

なお、データベースはマレーシア税関であるJKDM[Jabatan Kastam Diraja Malaysia][Royal Malaysian Customs Department]によって運営されていますが、クロスチェックのためにWorld Tariffなどの他のデータベースを調べたり、フォーワーダーの現地事務所に確認するとよいでしょう。

物品を送った際に、それがどのHSコードに該当するのか最終的な決定権を持っているのは現地側の税関です。こうした事情により、同じものを輸出するのでも、仕向け国によっては違うHSコードが割り当てられることもあります。

マレーシアの関税率、HSコードのデータベース

スポンサーリンク

>このページ「マレーシアのHSコード、関税率表」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集