インドネシアのHSコード、関税の調べ方

2012年11月1日更新

インドネシアのHSコードは8桁もしくは10桁で構成されています。インドネシア税関の公式サイト内に、Tax Duty Explorerというページが設けてあります。関税を調べる為のものですが、HSコードを調べることにも使えます。

このページを使った調べ方は以下の二つの方法があります。

インドネシアHSコードの調べ方

1.途中までの番号で調べる

HSコードは6桁までは世界共通であるため、これをまず調べます。Tax duty explorerの左側のドロップダウンメニューからHS Codeを選び、6桁の番号を入力してSearchボタンを押すと、6桁以降のインドネシア固有のHSコードがすべて表示されます。左側から順に、BM Taxというのが、MFN税率と呼ばれるもので、WTO加盟国間で適用される関税の基本税率になります。

その隣の「Uraian Id Id Description」は各HSコードについてのインドネシア語での説明文になります。さらにその隣にある「Uraian En En Description」の項目が、英語での説明になります。

2.品名、説明文(Description)から調べる

HSコードの品目名や内容があらかじめ分かっている場合、その内容を直接打ち込んで、検索することも出来ます。英語で入力する場合は、Description in Englishをドロップダウンメニューからの選択し、インドネシア語で分かっている場合は、Uraian Bahasa Indonesiaを選択します。HSコードについている説明文や品目名は、実際に使われている用語ではないこともあるため、留意する必要があります。

なお、Fedex社のWorld Tariffを使っても、4桁ないし6桁までの分類があらかじめ分かっているのであれば、同様に、それ以降の番号が表示される為、HSコードを調べることができます。

スポンサーリンク

>このページ「HSコードの桁数」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集