中国のHSコード

2013年10月30日更新

中国のHSコードは10ケタで構成されています。HS条約に加盟しているほとんどの国と同様に、6桁までは世界共通のHSコード分類番号で構成されており、残りの下4桁部分の分類が中国独自の分類方法になっています。この部分は各国の産業事情(どういった産業が発達しているのか、物量のある貿易品目、何を保護しようとしているのか等)によって変わるため、実際の関税率を算出するためには、HSコードは10ケタまで必要です。

通常、各国の税関でHSコードと関税率は調べることが出来ますが、中国当局も、中国語では一部情報提供を行っており、以下のサイトから調べることが出来ます。

中国のHSコードの調べ方、検索方法

上部の空欄に、HSコード(途中まででも可)を打ち込み、その下の空欄は自動送信を防ぐ為の認証コードを打ち込む欄になっていますので、アクセスするたびにかわる右側すぐのアルファベットと数字の文字列を打ち込み、確定ボタンをクリックします。

なお、HSコード分類や関税率についての英語による情報提供については以下のサイト(中国税関からリンクされており、中国税関の承認を得たサイトとあります。)で有料で行っています。

中国語が分からないものの、無料で調べたい場合は、翻訳サイトなどを活用しながら上記の中国税関のサイトから調べる方法、英語版の他のサイトを探す等の方法もあります。

対中貿易で黒字を確保できる国はほとんどありませんが、世界最大の人口を抱える巨大な市場として、あるいは世界の生産工場として様々な物品が輸入されており、中国側のHSコードを調べる必要があるケースは少なくないと思います。

スポンサーリンク

>このページ「中国のHSコード」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集