HSコードの検索の仕方

2012年8月1日更新

まず、検索を行う際に留意しなくてはならないのは、HSコード表の物品名称です。ものの「名称」は複数あることも多く、古い言い方で現在は使われていない名称や、一般には使われていない「正式な名称」で登録されていることがあります。

この場合、いくら「検索」しても該当する言葉と一致しなければ探すことは出来ません。したがって、ある物品がどのHSコードに該当するか調べる際には、その物の名称候補を複数検索にかけてみる必要があります。

また、名称を直接打ち込んでの検索ではなく、カテゴリーから探していく方法もあります。この場合の検索は、まず大分類となる「類」を見ます。用語を直接検索しても出てこない場合は、この方法が有効です。

また物品を分類しているキーワードについては、HSコードは古い日本語が使われているケースが多いため、下記に留意する必要があります。

  • 「っ」「ょ」などの促音はすべて「つ」「よ」と表記されます。
  • のばす音である「ー」、特にカタカナの名称で「−」が使われている場合は、イ、アなどの表記になっていたり、またその逆もあります。
  • 漢字とひらがなの組み合わせ、送り仮名が慣用的に使われているものと違うことも年頭におく必要があります。
  • じゃがいも→ばれいしょ等、口語でよく使われる言葉で登録されていないことがあります。

したがって、物品の名称すべてではなく、一部だけで検索する、あるいは上記の一部をひらがな、カタカナ、漢字など複数のケースで検索する等の工夫が必要です。

まとめると、以下の二つとなります。

  • 名称での直接検索。この場合はその物品を表現する言い方や表記にバリエーションをつけて複数試してみる。
  • 分類から探していく。該当する大分類である「類」(2桁)から、項目である4桁の分類、そして6桁の分類と掘り下げてみていく。

スポンサーリンク

>このページ「HSコードの調べ方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集