関税撤廃されていると英語で伝える

2014年7月17日更新
関税撤廃されていると英語で

日本は農産品・畜産品等については高関税率により国内の農業・酪農・畜産業を守っていることはよく知られていますが、工業製品やその原料、部品等についてはその多くの関税が撤廃されています。

取引相手によっては、日本側の関税額を気にするところもあるかもしれませんが(貿易条件によっては相手方の負担になる取引の場合も)、その際はやり取りしているフォーワーダー、通関業者を通じて何番のHSコードで輸入通関する予定かがわかれば、関税率についてはすぐに調べられます。また、税関に電話やFAXで問い合わせてもこれは確認することが可能です。

ただし、輸入されるものに関税がかからなかったとしても、消費税はきちんと課税されます。多くの先進諸国では、この消費税に相当するVAT(付加価値税)と呼ばれるものは10%前後が多くなっていますので、海外の取引先についても消費税がVATの一種だといえば理解は難しくないでしょう。

関税はtariffやcustom dutyと表現されますが、国によっては輸入だけでなく輸出時にかかる場合もあるので、問い合わせる際には、「輸入関税」について知りたいということを強調しておくとよいでしょう。

Regarding your inquiry about import tariff on our side, we only need to pay for the value added tax. Import tariff for this product is zero at the moment.
お問い合わせいただいている当方側での輸入関税ですが、付加価値税のみ支払う必要があります。現在、この製品の輸入関税はゼロとなっています。
Could you inform us the import tariff rate for this product in your country?
この製品の貴国での関税率を教えていただけませんか?
Import custom duty for this product (HS code:〜) has been abolished sometimes ago.
この製品(HSコード:〜)の輸入関税は以前から撤廃されています。

スポンサーリンク

>このページ「関税撤廃されていると英語で伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集