特性要因図|QC7つ道具

2012年11月18日更新

特性要因図とは、原因と結果のつながりを見つけていく作業です。問題となっている結果があるならば、必ず原因もあります。どんな原因がどのように影響しているのか、原因を分類して矢印で関連付けていく手法です。完成すると魚の骨のように見えることから、フィッシュボーン図ともいわれます。

まずは大きな模造紙を用意して、出た意見を付箋に書いていき、分類していくとよいでしょう。このとき、記述方法としては、必ず名詞+動詞で書くようにします。日本語は複雑な言語なので、形容詞やら、副詞やらがまざってくるとあとで分類や整理がしづらくなります。「何がどうしたのか」を一つの付箋に一つだけ書いていくのがよいでしょう。

ある結果の原因があったとしたら、そのまた原因は何か、その前の原因は何か、と「なぜなぜ」を繰り返していく手法でもあります。意見をたくさん出し合い、整理していくことで真価を発揮する手法であり、ブレインストーミングなどの批判抜きで自由奔放に意見を出し合う方法と相性がよいです。

また、5MEといわれる以下の切り口で原因を整理すると本質が見えやすくなります。

  • 1.人
  • 2.機械
  • 3.材料
  • 4.方法
  • 5.測定
  • 6.環境

営業やマーケティング、事務職などの分野では、システム、コスト、スピード、市場、競合などの言葉で置き換えても使うことが出来ます。

目的:

原因と結果の因果関係を整理し、つかむ

スポンサーリンク

>このページ「特性要因図|QC7つ道具」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集