管理図|QC7つ道具

2012年11月18日更新

これは品質管理においては必須ツールで、データの動きを点と折れ線でつないでいき、工程の状態を調べるためのQC7つ道具の一つです。偏りとバラつきをみる管理図であるため、x-R管理図(エックスアール管理図)とも言われます。

管理図は正しく運用すれば、工程の異常を見つけ出すことができる警報機のような存在です。品質管理上、完成した製品を判断するためのツールではなく、工程診断をするツールともいわれます。

異常なバラつきを見つけ出して改善したり、偶然によるバラつきを管理できるというメリットがあります。具体的には、管理限界線(上方管理限界線、下方管理限界線)を設定し、折れ線の動きから、工程の異常を見つけ出して未然に防ぐ対策の検討が出来ます。管理限界線は3シグマとも言われますが、±3σ(±0.3%)に設定されているものです。

異常の見つけ方としては、まずは管理限界線の外にデータがないか見ます。また、途中で水準が変わっていないかどうかもポイントです。点を線でつなぎ、折れ線グラフを作って言った際に、中心線(CL、センターライン)から片側に7個以上連続した点がある場合(128分の1の確率)も異常事態です。折れ線が右下がり、右上がりになっているような特定の傾向を示している場合も何らかの問題が起きている可能性があります。あとは、この折れ線グラフに定期的な周期がある場合も要注意です。

目的:

データの動きから工程を管理する

スポンサーリンク

>このページ「管理図|QC7つ道具」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集