英語で領収書、受領連絡をする

2013年3月22日更新
英語で領収書、受領連絡

国によっては日本のように宛先と但し書きのついた「領収書」ではなく、レシートのみの発行・運用を行っているところもあり、日本式の領収書が万国共通というわけではありません(むしろ、日本式のものは珍しい部類に入るかもしれません)。

備えていなければならない内容としては、基本的には、日付と、いくらの費用を領収したのか、という文面です。必要ならば、「但し、〜の費用として」という文面をそのまま英訳してつけるとよいでしょう(要らないとは思いますが…)。

貿易上では、実際の売買を行う当事者同士が領収書の授受を行うような場面はありませんので、こうした英語の領収書を日本で発行する機会というのは、例えば海外からこられた方に対し、日本の通常の領収書にかわりに英語版が欲しいというような依頼があったときくらいでしょうか。

金額や品物の受領連絡についても領収書と同じような文言が使えます。こちらは日々の円滑な取引には欠かせませんので、使う機会も多いでしょう。

We hereby acknowledge receipt of seminar fee from ABC corporation. Total amount: 30,000JPY for seminar fee
ABCコーポレーション様からのセミナー費用をここに受領したことを認めます。 合計:3万円(セミナー費用として)。※領収書として使うならば、発行日と、発行人(会社名)をどこかに記載すれば事足ります。あとは相手の都合によって宛先を記入するかどうかです。通常はレシートに宛先はありませんので、「Could you let us know where to address this receipt?」等で相手にどのようにするか事前に聞くと良いでしょう。
We hereby acknowledge the remittance for invoice no.4402. We thank you for your remittance.
インボイス番号4402の分の入金を確認しました。ありがとうございました。
I hereby acknowledge the receipt of your email.
貴方のメール、たしかに頂戴しました。

スポンサーリンク

>このページ「英語で領収書、受領連絡をする」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集