made from と made ofの違い

2014年7月17日更新
made from と made ofの違い
made from と made ofの違い

ある物が何からできているのか説明するのに使う表現として、made fromとmade ofの二つの言い方がよく使われます。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。実際問題、工業系のビジネスの現場では厳密に使い分けられていないこともありますが、両者の違いは「原料」を示すのか、「材料」を示すのかの違いとなっています。

made from と made ofの違い
英語 日本語
made from〜 〜(原料)で作られている
made of〜 〜(材料)で作られている

こう書くと、では原料と材料はいったい何が違うのか、という話になってきます。原料と材料の違いは、一般的に、原料のほうは加工を経た後に元の素材が原型をとどめていないようなもの、材料のほうは反対に加工したあとにも形がある程度残っているようなもの、ということになります。

工業製品の多くはこの境界が難しく、一概に言えないものも多いため、両者の違いが厳密に使い分けられていなくとも「中身」について伝えることができればたいていの場合は問題ないかと思います。そもそも何を持って「原型」をとどめているというのか、によります。成分はどうなのかという話も出てくれば余計にややこしくなり、業界内で特に区別して使われていないようであれば、あまり気にする必要はないかと思います。少なくとも日常のコレポンレベルでの厳密な使い分けが必要になったことは今のところありません。

This tool is made of carbon steel.
この工具は炭素鋼から作られています。
This tool is made from iron ore.
この工具は鉄鉱石から作られています。

スポンサーリンク

>このページ「made from と made ofの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集