licenseとlicenceの違い

2015年9月1日更新

licenceとlicenseの違いは、形式上、cとsの一文字であり、意味の違いについても、アメリカ英語とイギリス英語とで異なることもあり、用法が取り違えられていることもあります。

licenseとlicenceを使い分けるのはイギリス英語でよく見られますが、日常的にビジネスでも使う機会の多いアメリカ英語では、使い分けを行わないことがほとんどです。これがこの両者の違いをさらに分かりにくくしている要因の一つです。

相手がこの用語だけイギリス式に捉えていた場合、licenseとlicenceとで用例が違う為(大きく意味は変わりませんが)、違和感を覚えることになります。

ライセンスとは、免許や許可、認可、許諾などといった形で何かを行うことを認めることを意味し、場合によっては書面、電子形式などの形で発行されることもあります。身近なものでは自動車の運転免許もライセンスの一つです。

国や政府機関、市町村から発行されるものもあれば、技術ライセンスのような形で、企業間でその技術の利用について費用を支払うことで認めるといったものもあります。他社に対して、自社が保有する特許をはじめとする権利の使用許諾を行うのも、ライセンスの許諾であり、それに伴い支払うのもライセンス料となります。

ライセンスには永久的なものもあれば、一時的なものもあります。貿易でなじみ深いものに、輸入ライセンスを求められる国や品目もあります。

以下、イギリス英語とアメリカ英語の場合とでライセンスのスペリングによる違いを見ていきます。

licenseとlicenceの違い|イギリス英語と米国英語
- イギリス英語 アメリカ英語
license 動詞。 アメリカ英語では名詞でも動詞でも「lisense」と表記するため、両者に区別がないばかりでなく、ほとんどのケースではlisenseというスペリングが使われている。
licence 名詞。運転免許そのものであれば、Driver's licenceと表記する。 こちらの用法はほとんど見られない。名詞、動詞ともに左記のlicenseを使う。使ったとしても、lisenseと意味を区別するためではないことが多い。

licenceとlicenseの使い分け方|イギリス英語等で使い分ける場合のみ

This company is licensed to import dangerous goods.

この場合、動詞となるlicensedを"allowed"と入れ替えて違和感がなければ、動詞として使って問題ないことになります。

This company is allowed to import dangerous goods.

上記のように表記しても違和感はないため、licensedの用例が適合することが分かります。

Do you have driver's licence?

免許などの意味で名詞として使っても違和感がないかどうかは、licenceの部分をpapersに差し替えてみるとわかりやすいです。

Do you have a driving paper?

なんとなく意味がそのまま伝わるのであれば、名詞として使われているということになります。

スポンサーリンク

>このページ「licenseとlicenceの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集