dwg noとは

2013年3月22日更新
dwg no

図面番号を意味します。dwg noはdrawing numberの省略形となります。dwg単体で使われることもあり、この場合は、「図面」そのもののことを言っています。図面番号は日本語では図番とも省略されますが、その英語版といえます。

製造業にかかわる諸兄諸姉にとっては、図面番号の重要性は周知のとおりかと思いますが、この番号一つ違うだけで、全く異なる製品が出来上がってくることもあります。くれぐれもこの番号の取り違えには気をつけたいものです。少しでも疑問を感じたら、「相手もどうせわかっている」ではなく、念のために、と断った上で相手にも確認しておくとよいでしょう。

日本語を使う者同士でも間違いはある上、なにせ相手は異なる言語や文化のうえで仕事をしている相手です。何事も遠慮せずに確認すべきです。

Could you revise the dwg no indicated in this drawing?
この図面の番号を改訂してもらえませんか?
It seems that suffix for dwg no is not identical with one I have sent you last week.
図面番号の枝番号が、先週お送りしたものと一致していないようです。

スポンサーリンク

>このページ「dwg noとは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集