英語で意味を確認させてください

2014年7月17日更新
英語で意味を確認させてください

英語は国際語の地位を確立した言語といえますが、多くの国の人が使うからこそ、誤解も多くなりがちです。特にノンネイティブ同士の英語のやり取りで気を遣うのが、うまい表現で何かを伝えるということよりも、シンプルで誤解がない、あるいは誤解が少ないと思われる表現を選ぶことです。「わかりやすさ」は相手によっても異なるので、やり取りをする中で体得していくしかありませんが、解釈に複数の可能性があるような表現の場合は迷わず相手に確認するようにしたほうがあとあとのトラブル防止になります。

そんなときに便利なのが、意味を確認させてください、あるいは「この意味であっていますか」といった念押しの一言です。相手の書いている内容を、自分の表現(相手が用いているものと別の表現)で書き直して、相手に確認してもらうことで誤解を減らすことができます。

Just to make sure, does your remark "due date" below means actual delivery date to your office?
念のため(為念)確認させてください、あなたが述べておられる下記の「納期」というのは、あなたの会社への配達日のことでしょうか。※「Does A means B?」で、AはBという意味ですかとなりますので、この形でストレートに意味を確認する方法です。
I would like to make sure that〜
〜について念のため確認させて頂きたいのですが、
Let me make sure if I understood right. According to your remark below〜
小職が正しく理解できているか確認させてください。貴殿の下記の内容だと〜
Let me get this straight.
話を整理すると(誤解のないよう、確認させてください)
If possible, could you explain in details?
よろしければ、もう少し詳細を説明いただけませんか。
If my understanding is correct〜
私の理解が正しいのであれば〜
Does your remark "〜" means "〜"?
あなたのいう「〜」とは、「〜」ということですか?相手の言葉を自分の言葉に言い換えて意味を確認する際の常套句です。
Excuse me for my ignorance, but what is "〜"?
無知で申し訳ありませんが、「〜」とは何でしょうか?
I might misunderstood something. Could you clarify your remark below?
私のほうで何か誤解しているかもしれません。下記のあなたの発言について明確にしていただけないでしょうか。

スポンサーリンク

>このページ「英語で意味を確認させてください」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集