英語で空港まで迎えに行くと伝える

2012年8月11日更新
英語で空港まで迎えに行く

最近は以前にもまして海外からのバイヤーや仕入先、取引先が日本に直接やってきて打ち合わせや工場見学などをすることも増えてきたかと思います。

アテンドの種類によっては、滞在中のスケジュール調整やホテルの予約などをすることもありますが、まずは空港への出迎えから、ということが多いかもしれません。

外国人でも何度も日本に来ている人から、今回がはじめて、という人もいますし、慣れの度合いも違いますが、せっかく日本に来てくれるわけですから、空港で出迎えて差し上げるというのは基本ではないかと思います。

この場合、相手のフライトと到着時刻をメールで確認しておくことと、誰が迎えに行くか、ということを伝えておくことが重要です。また空港からどのようにホテルにお連れするかも可能なら書いておいてあげてもよいかもしれません。また、お互いに会うのがはじめて、ということであれば何かwelcome boardのようなものを持って出迎える旨、伝えておくとよいでしょう。

英文メールで空港出迎え連絡の例文

Dear Mr. Doe

Regarding your visit to Japan next week, I will pick you up at the Narita airport.

According to your flight schedule, your estimated arrival time to Japan would be 20:00 on May 5. So we should be able to meet around this time.

Since this is our first meeting, I will stand by the exit holding welcome board with your name.

My cell phone number is X231111. If possible I would like to know your cell phone number too.

If you have any concern, please feel free to ask anything.

I look forward to meeting you.

Best regards,
Masaru Sato

Doe様

来週日本へいらっしゃる件ですが、成田空港まで私がお迎えにあがります。

フライト便のスケジュールでは、日本への到着は5月5日の20時となっていますので、この時間辺りにお会いできるものと思います。

お会いするのは初めてかと思いますので、出口にて貴職の名前の書いたウェルカムボードをもってお待ちしております。

私の携帯番号はX231111です。可能でしたら、貴職の携帯電話番号も教えて頂ければと思います。

何か気になることがあれば遠慮なくおっしゃってください。

お会いできるときを楽しみにしております。

佐藤勝

スポンサーリンク

>このページ「英語で空港まで迎えに行くと伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集