御影石と大理石の違い

2012年11月24日更新

御影石と大理石は、構造材料や建築材料、内装材料などとして使われる石材の双璧ともいえる石種です。

御影石は正式には花こう岩といいますが、耐久性や圧縮強度に優れ、硬度も高く、建築物の外装や床材、墓石、建造物そのものにも使われる石材です。

一方、大理石は緻密な表面と、明るい色合いや美しいデザインのものが多く、彫刻や室内の内装材、バスルームや壁材などにも使われたりします。大理石は酸には弱いため、雨風に常にさらされる環境で使うにはあまり向いていません。

御影石と大理石の比較、違い
御影石 大理石
硬いものが多い。 軟らかいものが多い。
耐久性や耐火性、耐候性に優れたものもある 酸に弱く、耐候性も御影石ほどはない
研磨にはダイヤモンドが必須 研磨は一般砥粒やツヤ粉でも可能。但しダイヤモンドが効率的で美しく仕上がる。

スポンサーリンク

>このページ「御影石と大理石の違い」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「石材の種類と性質について」へ戻る

御影石と大理石の違いの関連記事とリンク

大理石の研磨について
大理石研磨剤にはどのようなものがありますか。
人工大理石の研磨に適した砥石や工具
石材の吸水率とは
御影石の研磨について
御影石の加工、石材加工工具について
石材研磨工具の種類
石材研磨工具のメーカー|リンク集
建築石材の種類について
花崗岩、御影石の特徴について
閃緑岩、斑レイ岩の特徴について
安山岩の特徴について
鉱物の硬度について
人造石仕上げとは
石材加工の方法
定盤のメーカー|リンク集
床研磨機メーカーの一覧 |リンク集
光沢度について
御影石の種類
大理石の種類
人造石の種類
大理石の産地
御影石の産地
御影石の吸水率
御影石と大理石の違い
御影石の比重
御影石にはどのようなコーティングがされているか
御影石の成分、組成はどうなっているか
第68類 石、プラスター、セメント、石綿、雲母その他これらに類する材料の製品|HSコードの一覧表
第25類 塩、硫黄、土石類、プラスター、石灰及びセメント|HSコードの一覧表

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集