人工大理石の研磨に適した砥石や工具

2011年10月19日更新

人工大理石は、天然の石材の粉末や粉砕された状態のものを樹脂で固めたものや、すべてが樹脂で作られているもの等が良く知られています。一括りにするのが難しいほど製法や材質によって、研磨の時の感触が変わる素材です。

人工大理石は、まず製法や使われている材質によってかなり物理的な性質も異なります。磨こうとしているワークがどのような材質で作られたものなのかを見極める必要があります。

樹脂で完全に作られたものの場合、樹脂内に大理石らしい模様をつくるために塗料などがフィラーとして添加されていますが、これに石材用の研磨工具をあててもきれいに仕上がりません。

むしろ樹脂を加工するときと同じものを用いたほうが良いといえます。最近は、精巧な人工大理石も多く市場に出回っているため、まず研磨対象が本当に人工大理石なのか、またどのようなタイプの石なのか判別する必要があります。目の非常に細かいサンドペーパーや、アルミナをベースにしたコンパウンドタイプの研磨材、液体状の研磨材などが樹脂系のものには使われます。

人工大理石の中でも、天然の鉱物の粉末や一部分をあつめ、樹脂で固めたようなものは、ダイヤモンドを使った砥石のほうが研磨には適しています。ただ天然大理石と同じような感覚で使うと、きれいな仕上がりにならないこともありますので、目立たない箇所で少しずつ試してから本施工する必要があります。

スポンサーリンク

>「人工大理石の研磨に適した砥石や工具」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「人工大理石の研磨に適した砥石や工具」についての関連記事とリンク

大理石の研磨について
石材の種類と性質について
人造石の研磨について(外部サイト)
大理石の種類

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集