花崗岩、御影石の特徴

2011年10月17日更新

深成岩のことで、一般には御影石と称呼されています。建築石材としては最もよく使われる石材で、硬く、風化に強く、比重もあり、耐圧強度にも優れています。品質の高いものは吸水率も低いものが多く、構造物として用いるには最も適しているとも言えます。

ただし、高温・高熱には弱く、表面にバーナーや火の気などがあたるとひびが発生したり、割れたりします。石材が他の構造材料と大きく違うのが、単一の物質もしくは決まった物質が一定の割合でまざっている安定したものではないという点です。花崗岩を構成しているのは、雲母、石英や長石などの鉱物各種ですが、これらの比率や組み合わせは常に一定しているわけではなく、産地によって大きく異なる他、同じ産地でもまったく同じ模様のものがないように、完全に同一のものというものはありません。したがって、加熱されると熱膨張係数の違うそれぞれの鉱物が各個に膨張して石材がはじけてしまうため、ヒビが発生するとされます。

なお、大理石とは違い耐酸性には優れていますので、こうした面で台所やキッチンカウンターとして内装材に使われることも多い石材です。

石材の分類は学問上のものと、実際の市場での区分けの方法がかなり異なるため、注意が必要です。

深成岩とはマグマがゆっくり冷えて固まったものを指し、火成岩の一種に分類されます。マグマが急に冷えて固まった火山岩に比べて鉱物の粒が大きいという特徴があります。含有されているSiO2の量によってさらに細かく分類されています。

スポンサーリンク

>このページ「花崗岩、御影石の特徴について」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集