TS16949の取得企業にはどんなところがある?

2012年11月05日更新

TS16949を取得すると、品質システムが効果的に運用されることになるため、欠陥の予防、バラつきと無駄の低減につながります。結果として社内効率もよくなるため、世界では企業規模に関わりなく取得している企業があります。

日本ではTS16949の取得企業は、どちらかというと大手が多く、部品メーカーの中でもTier 1(ティアワン)と呼ばれる、カーメーカーへ直接納入するところがほとんどです。

逆に言えば、大手の自動車部品メーカーや自動車部材メーカーはほとんどがTS16949を取得しています。一方、海外メーカーは小規模な会社でもこの規格を取得しているところが多く、日本とは対照的です。

取得の意義やメリットとして最も大きいと思われるのは、カーメーカーとの取引の継続や新規参入かと思います。

またこの規格はISO9001に自動車業界の要求を足したものなので、導入により、仕事の質を継続的に改善していく企業風土の醸造にも役立ちます。

スポンサーリンク

「TS16949の取得企業にはどんなところがある?」の関連記事

>このページ「TS16949の取得企業にはどんなところがある?」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集