ファイバーフロー(鍛流線)とは

2013年1月4日更新

金属は結晶組織によって構成されていますが、加工した際にはこの結晶がつぶれて引き伸ばされたり、寸断されたりします。この金属組織のもつ流れをファイバーフロー、もしくは鍛流線といいます。金属の強度を見定める上では大切な概念の一つです。

木材には木目があり、方向によって強度が異なることは広く知られています。金属にもこれに相当するものがあり、それがファイバーフローというわけです。

ただ、金属の強さを表す指標にはいくつも種類があり、このファイバーフローの違いによって具体的に数値が動くのは、伸び、絞り、衝撃値など、主に靱性と呼ばれる、金属の粘り強さ、衝撃への耐性などを見るためのパラメータです。引張強さや降伏点といった機械的性質は、ファイバーフローがどちらに向かっていてもあまり変わりません。

より衝撃に強くしたい、つまり靱性を高めて耐撃性の高い鋼材が必要なのであれば、ファイバーフローに沿うように負荷がかかる作りにするとよいでしょう。ファイバーフローに対して直角に力が加わるときよりも、その流れに沿うように力が加わったときのほうが、より粘りのある性質を見せます。

鍛造で行う鍛錬にも複数の方向から金属を鍛えていくこともできるため、成形を行う際にも、不用意に切削や研削で削ってしまわず、鍛錬で寸法成形を行うことで、ファイバーフローを切らずに活かしたまま部材にすることも可能です。状況によってはこのほうが強度のある材料として使うことができます。

スポンサーリンク

>このページ「ファイバーフロー(鍛流線)とは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集