鋳造と鍛造の使い分け

2013年1月5日更新

鍛造によって成形された鋼は、物理的にハンマーやロールなどで打撃や圧延で鍛えられているため、金属の組織が詰まったものになっており、強靱な性質をもつとされます。鋼の内部の組織も均一になるため、強度でも優れます。

一方、鋳造は、溶かした鋼を型に流し込んで固めてつくるため、量産性に優れ、寸法精度が出しやすく、複雑な形状でも大量生産が可能という特徴を持ちます。ただし、製法の性質上、鋼の内部の組織が不均質で脆弱なものになりがちといわれ、場合によっては「巣(ス)」が発生することもあります。

こう書くと、鋳造で作った鋼はコスト面以外でよいところはないのか、と思われるかもしれませんが、鋳造で作った鋼と鍛造で作った鋼との性質を比べてみると、引張強さや降伏点といった機械的性質面では両者はほぼ同じといえます。ただし、伸びや絞りなどの粘りや靱性といった強度面の指数では、鍛造に軍配が上がります。

こうしたことから、何でも鍛造品というわけでもなく、その部材の使用する部分の要求性能をよく検討して適したものを選ぶのが良いということになります。鍛造品を選んだ場合には、オーバースペックとなっていないのか、コスト面と性能面のバランスを見極める必要があります。

鍛造だけでなく、鋳造の技術も向上してきており、現在は巣のできにくい製法や金属組織を均質にする技術も確立されつつあります。

スポンサーリンク

>このページ「鋳造と鍛造の使い分け」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集