上付きと下付きを英語で言うと

2014年9月8日更新
上付きと下付きを英語で

数式や化学式に不可欠な上付きのことはsuperscript、下付きのことはsubscriptといいます。読み方も独特なところがありますので、下表で紹介します。下付きと上付きが一つの文字に併記されているような場合でも、下に書かれた記号から読んでいきます。

なお、余談ですがhtml表記する場合のsubとsupのタグは上記の英語表現の頭3文字部分から取られています。

上付き、下付きの英語での読み方
表記 記号の位置 読み方
Xa aが下付き記号 Capital X sub small a
Xb bが上付き記号 Capital X to the small b もしくはCapital X to the power of small b
Xab aがXの下付き記号、Xaに対してbが上付き Capital X sub small a to the small b, Capital X sub small a to the power of small b
x2 xの二乗 x squared
x-2 xのマイナス二乗 x to the negative second power, x to the minus second
x3 xの三乗 x cubed
x4 xの4乗 x to the power of four, x to the fourth
x5 xの5乗 x to the power of five, x to the fifth
zn-1 zに対してn-1が上付き z to the n minus one

下付き、上付き文字が化学式で使われている場合の読み方

化学式の場合、その固有物質名がある場合は、その名称で呼ばれることが多いですが、記号で読む場合は下記のようになります。基本、元素ごとに読んでいき、数字もそのまま読まれます。反応式の場合も物質名があるものはそれを用いて、"reacts"でつないで表現します。

英語での化学式の読み方
化学式 読み方
H2O H two O
13C carbon thirteen
C4H7NO4 C four H seven NO four、もしくは物質名であるaspartic acid
CH4 + 2 O2 → CO2 + 2 H2O 1 mole of methane reacts with 2 moles of oxygen to form 1 mole of carbon dioxide and 2 moles of water

スポンサーリンク

>このページ「上付きと下付きを英語で言うと」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集