自動車業界での支給品

2014年5月6日更新

自動車の場合、支給品とは自動車メーカーから一部の部品や材料を、その部品メーカーに対して支給するもののことを言います。英語では、supply partsと呼んだりもします。

自動車部品は、通常、複数の部品から作られていますが、こうした構成要素の中には、自動車メーカーが自ら調達したほうがコストが安くなるものや部品メーカーでは品質管理が難しいものがあります。

こうした構成部品を、サプライヤーである自動車部品メーカーのかわりに自動車メーカーが調達し、支給する製造形態が存在します。これがいわゆる支給品や支給部品と呼ばれるものです。初期の試作段階では特に多用されることがあります。あるいは、系列の部品メーカーのものを量産時に使うため、こうしたものを試作段階から用いる必要があるケースもあります。

部品や材料によっては、大量に調達する自動車メーカーは取引のルートのみならず、査定能力にも長けていることから、部品全体のコストを下げるという意味では、メーカーによってはメリットのある手法となりますが、その分、管理工数がかかるという難点はあります。形式上は自動車メーカーが支給していても、別の部品メーカーから直接送られてくる、ということも珍しくはありません。物流のルートと、商流が違うというパターンです。

支給品を送ってくれるメーカーによっては、取引関係にあるわけでもなく、発送・納入予定情報が正確にもらえないこともあり、支給品がいつ届くのかよくわからない、という場合もあります。あまり支障になるようであれば、自動車メーカーを通じて改善要望を出す方法がとられることもあります。

スポンサーリンク

>このページ「自動車業界での支給品」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集