試作イベントの流れ

2016年5月15日更新

自動車の開発は量産される2年前から始まっていると言われますが、これはサプライヤー側から見た場合、車両開発の日程が以下のようなステップに基づいて進むことになる為、その最初のステップが2年前から始まることに起因します(営業の動きとしてはおおむね3年前からはじまります)。各試作車イベントまでに何をしていなければならないのか、社内の関係者部署との調整、自動車メーカーとの折衝等やることは山積みですが、客先側でスケジュールが決められているイベントを遅らせることはできませんので、それに向けてスケジュールを調整していく必要があります。イベントのスケジュールは、最終的にその車種がいつ市場にて販売を開始するのかという日程から逆算されています。部品が一品種足りないがために、試作イベントにて試作車の製造が遅れると死活問題となるのはこうした事情からです。海外で試作車が作られるようなケースで、部品供給が間に合わないというような場合、時にはハンドキャリーを用いてでも納入を完遂させることになります。

新車の開発情報というのは、電話や訪問などの営業活動で入手していきますが、サプライヤーを対象とした説明会などもありますので、これらでも情報を収集していくことになります。

トヨタであれば、新しい車を出す場合、車両開発大日程と呼ばれるスケジュールが組まれ、自動車に用いる「車両部品」はこれに沿って生産準備が進められることになります。

試作車イベントの各段階では、目的が決まっており、納品すべき部品がどのようなものかも決まっています。最初の段階では試作用の金型である試作型を用いてもよかったものが、イベントが進むにつれて、量産用の金型である本型を用いたものとなり、さらに本型に加えて本工程と呼ばれる量産工程にて製造されたものが求められるようになります。

試作用の型と異なり、量産用の型は納期がかなりかかり、トラブルも少なくありません。試作用と量産用とでは要求精度のレベルや要求仕様がそもそも異なるからです。また、金型は全般的に製作に数ヶ月の納期を要するものが一般的ですが、これら製作にかかる納期に加えて、実際にその金型でトライアルでの生産を行い、製品の性能・品質を確かめるプロセスも付随しています。これにもかなりの時間がかかりますので、その自動車部品メーカーもスケジュールがギリギリの状態になっていることが多いです。

トヨタにおける試作車イベントの呼び方
試作車イベント 量産開始から逆算すると 概要
AS(Advanced Stage) 量産のおよそ24ヶ月前。 試作調達の段階。試作外設申が発行される。
FS (Final Stage) 量産の18ヶ月前。 号口外設申が発行。サプライヤー側では量産図を手配。この半年後には本型品を納入。
PCV (Confirmation Vehicle) 量産の12ヶ月前。 性能確認車を製造する。本型品を要求。生産能力確認。
1A 量産の6ヶ月前。 1次号試。本型本工程品のため、通常はサプライヤーの量産工場で対応する。生産能力の確認。
量確(MPT:Mass Production Trial) 量産の2ヶ月前。 量産確認。本型本工程品。
品確(QCS:Quality Confirmation Stage) 量産の1ヶ月前から量産直前 品質確認。本型本工程品。いわゆる量産開始直前の最終チェック。
LO(Line off) 量産 量産開始。SOPとも呼ぶ。本型本工程品。トヨタでは量産立ち上がりのことを号口ともいいます。

自動車メーカーごとの試作車イベントの呼び方の一覧

試作車イベントを経て量産を開始するというのは世界のどの自動車メーカーでも共通していますが、イベントの呼び方や名称は、メーカーごとに異なっています。以下に代表的な試作車イベントの名称を一覧にします。

カーメーカーごとの試作車イベントの名称:ホンダ、日産、三菱、マツダ、スズキ、ポルシェなどトヨタ以外
ホンダ 日産 スズキ ポルシェ
段確,
品確,
量確,
L/O
QCV,
PT1,
PT2,
L/O
設試,
生試,
量試,
パイロット,
L/O
VFF(Pre-series vehicle acceptance, 本型),
PVS(Production series test, 本工程),
0-S(本工程),
L/O
カーメーカーごとの試作イベントの名称:三菱、マツダ
三菱(三菱自動車工業) マツダ
開発→PJ→PL→PT→PP(量先)→L/O(SOP) DCV→TT(本型)→PP(本工程)→MP(SOP)
カーメーカーごとの試作車イベントの名称:BMW、VW
BMW VW
PVL (本型),
VS (本工程),
L/O
BF (Purchasing Release),
LF (Launch Release),
VFF (Pre-series vehicle acceptance:
Standard off-tool parts, Series equipment),
PVS (Production series test),
0-S(Pre-series:Production, process and product approval),
SOP (Start Of Production)

スポンサーリンク

>このページ「試作車イベント」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集