SPTTとは

2015年2月2日更新

SPTT活動とも言われ、トヨタグループで使われる用語の一つで、Supplier Parts Tracking Teamの頭文字をとった略語です。一言でいえば、トヨタから外注部品メーカーへチームを派遣して、量産部品の生産準備を支援する活動のことであり、あるいはその活動を行うチームのことを指す用語です。サプライヤーの部品をトラッキングする、という名称が示すとおりの活動です。

コストや質・量の各面で問題ない性能をもつ外注部品を調達するために、サプライヤー(部品メーカー)とトヨタグループ内のコミュニケーションを充実させるための活動でもあり、号試・号口に向けてタイムリーな調達を実現するための活動でもあります。品質管理や生産管理、調達、技術、等様々な部門のメンバーが協力して行い、量産立ち上げの前段階で、何度も入ることが多いのも特徴です。

自動車は多種多様な部品から成り立っており、それら一つ一つの部品を量産ベースで使えるようにするためには、様々なハードルをクリアする必要があります。品質の問題、価格の問題、納入の問題、生産計画の問題、加工技術の問題、設備の問題、原材料調達の問題等、こうした点をクリアするため、トヨタから外注サプライヤー(外注の自動車部品メーカー)にチームを派遣して開発・製造支援やフォローを行い、品質向上につとめ、納期やターゲットとする価格も達成するというものです。多くの場合、監査という形で専門のチームが自動車部品メーカーの工場へ来訪する形をとります。

特に、自動車部品メーカーは、自動車メーカーの海外進出に伴い、その近くに工場を建設して量産供給を行うことが多いものの、不慣れな土地での一からの量産立ち上げには難題も多く、こうした点を払拭したり、サプライヤーをチェックしたりといった活動が計画的な生産準備(生準)活動には不可欠となります。

自動車の開発は量産開始の2年前からはじまると言われていますが、これは部品を供給する自動車部品メーカーについてもこのスケジュールに合わせて量産までのスケジュールを立てる必要があるということを意味します。

スポンサーリンク

>このページ「SPTTとは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集