鍛鋼品と鍛造品の違いは何か

2013年1月2日更新

両者はともに鍛造技術によって作られる鋼であり、一般には違いがわかりにくいですが、同じものではないので使い分けには留意しておく必要があります。

鍛造とは、昔の鍛冶のように、ハンマーなどで鉄をたたいて鍛えることで、金属組織をより緻密にし、強度に優れた鋼にするための加工技術の一つです。

鍛鋼と鍛造はともにこうした原理に基づいているという共通点はありますが、一言で言えば、鍛鋼品のほうが「より強靭に鍛えた鋼」ということになります。正確に言うならば、鍛鋼品とするためには、鍛造比が一定以上であることが求められます。

鍛造比とは、鍛錬成形比とも言いますが、鍛造をする前と後で、材料がどれくらい縮んだのかを示す値で、これにより鍛造がどれだけ行われた材料なのかを見ることができます。具体的には、鍛造後の材料の断面積・長さを、鍛造前の材料のそれで割ったものです。どの方向に圧縮方向の力をかけてどれくらい縮んだのか、ということがわかれば金属組織がどれだけ緻密になったのかということがわかる、という寸法です。

鍛造品は、鍛造加工を行ったものであればすべて該当しますが、鍛鋼品として認められるためには、この鍛錬成形比(鍛造比)が以下のような基準を満たしている必要があります。

鍛鋼品として認められるための鍛錬成形比(鍛造比)
軸や円筒形状の鍛鋼品 鍛造のみ:主体部で3S以上、その他は1.5S以上
鍛造と圧延を併用:主体部5S以上、その他は3S以上に相当する熱間加工
リング形状の鍛鋼品 穴広げ鍛錬を行った上で、鋼塊から3S以上の熱間加工を行う
ディスク形状の鍛鋼品 鋼塊から据え込みだけの鍛錬:1/3U以上、その他も1/3U以上の熱間加工

スポンサーリンク

>このページ「鍛鋼品と鍛造品の違いは何か」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集