埠頭とバースの違い

2015年3月17日更新

埠頭(ふ頭)は英語でWharf(もしくはDock)、バースは英語でBerthと表記します。両者は港湾関係者でなくとも、貿易に関わっていると耳にすることのある用語かと思います。

 埠頭とは、ドック、波止場とも呼ばれることからわかる通り、船が停泊するための一連の施設・場所を含めた用語で、船が停泊するための岸壁から、係留施設、荷物を積み下ろすガントリークレーン、貨物を荷捌き(にさばき)するための荷捌地、貨物保管場所をはじめとする各種施設等を含んだ「港」の一部分となります。旅客船も停泊する埠頭であれば、フェリーターミナルも擁します。コンテナ船専用に作られた埠頭は、コンテナ埠頭やコンテナターミナルと呼ばれ、コンテナの積卸しや仕分け・保管に適したコンテナヤード、ガントリークレーン等の設備・施設を擁します。

一方、バース(Berth)とは船舶が入港したあと、貨物の積卸のために陸地に接岸する必要がありますが、このときに着岸する場所(岸)のことを意味します。車でいえば駐車場であり、船の停泊場となります。

出港スケジュールの遅延原因として多くあげられる「バース混み」という形であれば、ほとんどの貿易関係者が聞いたことがあるのではないでしょうか。港でバースが空いていなければ、船は着岸できず、荷物の積込みや、積卸をすることはできませんので、船が多く入港すると、バースが空くまで港で順番待ちということになります。これが原因で、時間通りに入港できなかったり、出港できないことが海上輸送では多々あり、「バース混み」の名称でよく使われます。日本近郊地域であれば、マニラ港や香港がバース混みによる遅延がよく知られる港です。

バースの数は港により異なり、船が物理的に停泊するだけのスペースが必要になる為、数には限りがあります。例えば、横浜港であれば民間のバース数が166、公共(公社)のバース数が101、合計249バース保有しています。

また大型の船舶の着岸には、水深が必要になる為、同じ港でも船の種類や用途によって停泊可能なバースがさらに限られることもあります。定期船用のバースのことを、ライナーバースと呼称することもありますが、一般的には「バース」の用語があてられます。

まとめると、バースは埠頭を構成する一部分ということになります。

スポンサーリンク

「埠頭とバースの違い」の関連例文

>このページ「埠頭とバースの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集