バース混みとは

2013年7月15日更新

バース混雑とも言います。貿易をやっていると国内取引ではあまり耳にしない用語が出てくることがありますが、このバース混みもその一つといえるかもしれません。海上輸送を頻繁に行っているのであれば、わりとよく出てくる用語です。

港に入港し、接岸することができる船には限りがありますが、港が混雑してくると船が入港できなくなり、沖で順番待ちの状態となることがあります。これがバース混みです。季節的に発生しやすい時期もあれば、頻繁にバース混みが発生する港もあります。バース混みが発生している港では、船混み割増料金(ポート・コンジェッション・サーチャージ)を課すこともあります。これにより船を他の港へ振り分けて混雑を解消しようという意図です。

L/Cによる決済を取引で利用していて、貿易書類のわずかな差異がディスクレとなってしまうような場合は、このバース混みによってB/Lの日付がずれてしまう、というようなことも珍しくありません。バース混みによる出港日ずれはあまり大きくなることは通常ありませんが、混雑状況によっては途中の航行日程では挽回できずに入港遅れとなることがあります。

いずれもフォーワーダー経由で、船社から連絡があると思いますので、実際の出港日が判明したら、書類の訂正・連絡が必要になります。また輸出先の港への入港日への遅れがないかも確認の必要があります。

>「バース混みとは」の先頭へ

スポンサーリンク

バース混みとはの関連記事

>このページ「」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集