ゴムのバウエル成形とは

2021年9月5日更新

バウエル成形とは、予備成形機のメーカーであるイギリスのBarwell社の予備成形機・押し出し機を使った予備成形工程のことを意味しています。バウエル予備成形ともいい、英語では、Preformer(プレフォーマー)、Extruder(押出機)に分類されます。

ゴム製品の製造方式は大きく分けると、プレス成形(圧縮成形)であるコンプレッションと射出成形であるインジェクションの2種類に分けることができます。比較的規模の小ロットの製造の場合は、プレス成形がよく使われます。プレス(圧縮)成形用生地には必ず予備成形がいります。

この方法は、金型の中に計量したゴム材料入れて圧力と熱をかけて加硫成形するというシンプルなものですが、ゴムを金型にセットする前に、予備成形を行って材料のばらつきを抑えてある程度均一にする必要があります。バウエル成形はゴム金型に入れるまでに形や成分を整える役割を担っています。

バウエル成形では、予備成形機から金太郎あめのように押し出されて出てくるチューブ状にしたゴムを次々に適切な分量になるよう輪切りに切っていき、それを金型に入れて圧力と熱をかけて成形し、加硫してゴム製品を製造していく流れになります。

圧縮成形(コンプレッション)自体が、時間当たりの生産効率という点では、射出成形には及ばず、手間や工数がかかる技法ですが、その一つの要因がこの予備成形工程が必要という点にもあります。

スポンサーリンク

>このページ「ゴムのバウエル成形とは」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「ゴムの種類と特性、物性について」へ戻る

ゴムのバウエル成形とはの関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集