SCS(ステンレス鋳鋼品)の種類と材質、成分、規格について

2013年4月23日更新

SCSとは−特徴とメリット

SCSは英文表記のSteel Casting Stainlessの頭文字からきたもので、そのままステンレス鋳鋼品を意味します。鋳鋼は鋳造というハガネの製法で作られたもので、一言でいうなら「ハガネを溶かして固めたもの」です。SCSはステンレスの一種で、製法が鋳造によるもの、ということが言えます。したがってステンレス鋼であるSUSとも一部のSCSは対応関係にあります。SCSはJIS規格の上では、成分と引張強さ、耐力、伸び、絞り、硬さ、熱処理条件が規定されています。SCSの特長は、鋳鋼品の全般的特長とも一部被りますが、機械加工が困難であったり、コスト的に難しい部位に適用可能な点、材質が選びやすく、大量生産が可能な点等を大きな強みとしています。複雑形状のため削りだしや鍛造では加工が難しい製品や部位で特に重宝されている鋼材です。

SCSの材質−ステンレス鋼

こうした鋳鋼品特有の長所の他、SCSはSUSつまりステンレスの鋳鋼品であるため、耐食性や耐熱性も健在で、SUSと成分も似通ったものがあり、SCSにもオーステナイト系、フェライト系、オーステナイト・フェライト系(二相系)、マルテンサイト系、析出硬化系のそれぞれの系統が存在します。用途にあわせてSCSの種類もステンレス同様に多様なものが存在します。

SCSのデメリット、弱み

デメリットとしては、溶解や鋳込みに高温環境が必要である点や、鍛鋼品に比べるとじん性などの強度面では劣る点、寸法精度に限界がある点など上げられます。また溶かした鋼を型に入れて固める原理に基づいていることから引け巣などをはじめとする鋳巣(いす)が内部にできることがあります。ただし、近年の鋳造技術ではこの巣の問題は改善され、強度的に劣るというわけではなく、むしろ鋳物が採用されないケースは、寸法精度や大量生産を行わないケースなどで、量産ベースの製品での適用例は多いといえます。ただ、SCSはステンレス鋳鋼品であるため、耐熱鋼の性質を持ち、通常の鋳鋼品よりもさらに鋳込み温度が高く、この高温に起因する鋳型との反応によって焼き付きが起きやすいとされます。

SCSの用途

SCSの用途としては、圧延や鍛造では製造が困難な複雑な形状のものが多く、船舶用、産業機械用などの各種ケーシング、自動車用のクランクケース、マニホールドのほか、耐熱鋼あるいは耐食鋼として、通電ロールなどの各種製造用のロールや油井管、ケミカル用設備、タンカー、化学プラントの部材、染色設備材料、調節弁、ポンプ、ポンプ部品、バルブ、リテーナー、化学装置、排煙脱硫装置などとして使われます。特に各種液体用のポンプのケーシングやインペラーには多用されており、これはステンレスの持つ耐熱、耐食、耐酸性が鋳物でも発揮されるからに他なりません。

SCSの成分

他の鋼材と同様、SCSも成分は通常とりべ分析値であり、鋳鋼品と圧延品とでは似た成分でも機械的強度や特性が変わる可能性があります。JIS規格と、ASTM規格でのステンレス鋳鋼品についての対応関係は、厳密に対応しているというよりは、類似の鋼種となります。

SCSの磁性

なお、SCSの磁性の有無もSUS系統のオーステナイト、フェライト等に準じたものになります。すなわち、オーステナイト系のSCSは磁石につかず、他の系統のSCSは磁石につくといった法則が当てはまりますが、加工硬化などによってオーステナイト系のものでも磁性を持つことがある現象も同様です。

SCSとISO、ASTMのステンレス鋼との対応表

SCSやSUSといったステンレスの規格は日本のJIS規格によるものです。海外の鋼材でこれに相当するものを使う必要があるときは、おおむね下記の鋼種がこれに該当します。

SCSの一覧とISO、ASTMの対応鋼種
JISにおけるSCSの種類 ISOにおける鋼種 ASTMでの類似鋼種
SCS1 - CA15
SCS1X GX12Cr12 CA15
SCS2 - CA40
SCS2A - CA40
SCS3 - CA15M
SCS3X GX8CrNiMo121 CA15M
SCS4 - -
SCS5 - -
SCS6 - CA6NM
SCS6X GX4CrNi124 (QT1)(QT2) CA6NM
SCS10 - -
SCS11 - -
SCS12 - CF20
SCS13 - -
SCS13A - CF8
SCS13X GX5CrNi199 -
SCS14 - -
SCS14A - CF8M
SCS14X GX5CrNiMo19112 -
SCS14XNb GX6CrNiMoNb19112 -
SCS15 - -
SCS16 - -
SCS16A - CF3M
SCS16AX GX2CrNiMo19112 CF3M
SCS16AXN GX2CrNiMoN19112 CF3MN
SCS17 - CH10, CH20
SCS18 - CK20
SCS19 - -
SCS19A - CF3
SCS20 - -
SCS21 - CF8C
SCS21X GX6CrNiNb1910 CF8C
SCS22 - -
SCS23 - CN7M
SCS24 - CB7Cu-1
SCS31 GX4CrNiMo1651 -
SCS32 GX2CrNiCuMoN26533 A890M1B
SCS33 GX2CrNiMoN2653 -
SCS34 GX5CrNiMo19113 CG8M
SCS35 GX2CrNiMo19113 CG3M
SCS35N GX2CrNiMoN19113 -
SCS36 GX2CrNi1810 -
SCS36N GX2CrNiN1810 -

SCS(ステンレス鋳鋼品)の材料記号の一覧

SCSはステンレスと同様に、金属組織のタイプが「オーステナイト系」「オーステナイト・フェライト系(二相系)」「マルテンサイト系」「析出硬化系」のものがあります。記号はSCSのあとに1桁〜2桁の数字と場合によっては熱処理記号が末尾につきます。

スポンサーリンク

>このページ「SCS(ステンレス鋳鋼品)の種類と材質、成分、規格について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

SCS(ステンレス鋳鋼品)の種類と材質、成分、規格についての関連記事とリンク

鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、鋳鉄、超硬の熱膨張係数
金属の熱伝導率の一覧表
鉄鋼材料、鉄、炭素鋼、工具鋼の比重
鉄鋼、炭素鋼、鋳鉄、純鉄、ステンレスの熱伝導率
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、ハイスの比熱
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレスの電気抵抗
金属単体の比重、密度の一覧表
金属の融点、沸点の一覧表
金属の熱伝導率の一覧表
金属材料の硬度の一覧と比較
鉄鋼材料の種類
炭素鋼と合金鋼の違いと使い分け
合金元素の果たす役割
鉄鋼、炭素鋼、合金鋼の焼入れ深さ
焼入れ性とは

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集