WA砥石(アルミナ砥石)

2011年10月5日更新

WAとはホワイトアランダムの略で、これを砥粒としてもちいたものがWA砥石です。これは白色溶融アルミナを破砕した砥粒で、砥粒の専門メーカーにより分級が行われ、砥石メーカーに納入されています。砥粒は砥石メーカーがコントロールすることのできない要素ですが、実際には砥粒メーカーは砥石用のグレードを多数用意しているケースが多いです。

WA砥石といった場合、ボンドは何かわからないため、ビトリファイドなのかレジノイドなのかに留意する必要があります。他のパラメータ、例えば粒度や組織、硬度などが同じであってもボンドが違うと性能がかなり変わります。

WAは破砕性に優れた、切れ味のよい砥粒として知られ、鉄鋼材料との相性が特に良いことで知られます。鋼種としては、炭素鋼をはじめ、合金鋼、工具鋼、ハイス鋼(高速度工具鋼)、ステンレス鋼、永久磁石材料、一般構造用の圧延鋼材であるSS材、機械構造用炭素鋼、炭素鋼鍛鋼品など幅広い鉄鋼材料に使われます。ダイヤモンドホイールのドレッシングなどにも使われることもあります。WA砥石自身もダイヤモンドドレッサなどでドレスのしやすい研削砥石といえます。

形状は一般には研削盤で研削砥石として使われる円盤状かブロック状、手作業で使われたり、ホーニング砥石として使われるスティック状のものがよく市販されています。

WA砥石の特徴と仕様

研削でよく使われる工程

粗から中仕上げ、仕上げまでオールラウンドで使われています。溶融アルミナであるWA砥粒は、破砕性に優れた切れ味のよいタイプの砥粒です。鉄鋼材料などの金属系でも使用される機会の多い研削砥石です。

粗工程 中仕上げ 仕上げ

スポンサーリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集