砥石の選び方:加工機械から選ぶ

2009年8月24日更新

研削に用いる機械にはいくつかの種類がありますが、砥石の形状を決める際には、それらの加工機械に適合する砥石を選ぶ必要があります。

平面研削盤、円筒研削盤、工具研削盤、万能研削盤、センタレス研削盤(心なし研削)、ラップ盤、 カーブジェネレーション、ホーニング盤、切断機など加工機械と、次の加工モードで、 おおむね砥石の形状が決まります。

平面研削

平面研削盤のテーブルに加工物をのせ、テーブルが左右上下に動くことで上部に固定されて回転している研削ホイールで削っていきます。比較的大型の加工物に対し、外径の大きな砥石が使われることの多い加工方法です。

円筒研削

円筒形の加工物の外周を研削する方法で、円研、円筒研削機を使って行なわれます。加工物と、砥石の双方が回転し、砥石で切り込みを与えて研削していきます。このうち、加工物を動かして研削する方法をトラバース研削、砥石に向かって切り込んでいく方法をプランジ研削と呼んだりします。砥石の損耗の観点からは、比較的砥石が損耗していく加工が多いのが特徴です。

内面研削

内研、インターナル等とも呼ばれます。加工物の穴の内径を研削する方法です。高速で回転し、砥石の損耗も比較的大きい加工方法です。

センタレス研削

加工物を、調整板のうえに置いて、回転する砥石で研削していく方法です。加工物を固定するのが容易にできるため、量産に適していますが砥石の形状が変わりやすく、頻繁にツルーイング、ドレッシングなどの手入れが必要です。

スポンサーリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集