水晶振動子メーカーの一覧

2014年12月8日リンク更新

水晶振動子は水晶片を変形させると電圧を生じ、電圧をかけると変形するという性質を活かして電子機器内部の周波数を正確に発振することで機器内の情報伝達を担う心臓部とも言える部品です。これは、さまざまな機器の基準となる周波数を取り出すための水晶デバイスであり、製造する場合、水晶片の加工からパッケージへの封止、検査にいたる全工程で、高度な精密加工技術が要求される製品です。

水晶振動子には、時計などに使われる低周波振動子と、コンピュータや通信情報機器、家電製品などに使われる高周波振動子があり、より細かく見ると、音叉型、ATカット、SAW共振子に区分することができます。それぞれ対応する周波数帯が異なります。

携帯電話をはじめとする電子機器、通信機器、OA機器、パソコン等凡そ日常生活の中でこの部品を使っていない製品を見ない日はないほど一般的に使われている部品といえます。水晶デバイスには、水晶振動子のほか、水晶発振器、水晶フィルター、SAWデバイス、光デバイス、人工水晶があり、水晶振動子を製造しているメーカーはこれらの水晶デバイスも製造しているケースが多く見られます。

水晶振動子のメーカーが加盟する日本水晶デバイス工業会発表の資料(2009年度)によれば、日本メーカーの水晶デバイスの世界シェアは56.9%、金額にして1842億円規模となっており、前年に比べて国内メーカーの比率が低下していますが、最新の発表では2010年度通期の生産数量は112.8億個、金額にして2275億円となっており、携帯電話やスマートフォンの増加、デジタル機器、自動車関連市場が大きく回復しているためとされます。

水晶デバイスで最も生産量の多い製品が水晶振動子になりますが、デバイス別に内訳をみると、産業用水晶振動子で207億円、音叉型水晶振動子、自動車用水晶振動子、民生用水晶振動子、産業用水晶発振器で628億円、クロック用水晶発振器で212億円、水晶フィルタが34億円、SAWデバイスが49億円、光デバイスで196億円となっています。

日本電波工業
水晶振動子メーカー。水晶発振器等の水晶デバイスやその応用機器、人工水晶や水晶片(ブランク)等を製造販売する水晶デバイスのリーディングカンパニー。昭和23年設立。水晶技術とMEMS技術や、センシング技術、回路技術を組み合わせた次世代への取り組みにも注力。製品ラインナップとしては、水晶振動子、クロック用水晶発振器、パッケージ水晶発振器(SPXO)、温度補償水晶発振器 (TCXO)、電圧制御水晶発振器 (VCXO)、周波数制御水晶発振器 (FCXO)、恒温槽付水晶発振器(OCXO)、水晶フィルタ、SAWデバイス、人工水晶・水晶ブランク・光学製品などがある。
リバーエレテック
水晶振動子、水晶発振器を中心とした電子デバイスのメーカー。水晶デバイスを独自技術である電子ビーム封止工法で世界最小クラスにすることが可能。水晶振動子と水晶発振器はこの独自の電子ビームによる気密封止工法を用いたSMDタイプ(表面実装型)に特化しており、主な用途としては小型携帯機器(携帯電話、デジカメ、携帯ゲームなど)や近距離無線通信(Bluetooth、無線LANなど)、カーエレクトロニクスや医療機器などの最先端の分野に集中している。主要製品としては、ATカット水晶振動子、音叉型水晶振動子、水晶発振器、インダクタ、抵抗器などがある。
東京電波
東京に本社を置く水晶振動子メーカー。水晶発振器、人工水晶、水晶フィルタ、光学製品、電子計測機器や酸化亜鉛単結晶も製造販売する。水晶関連の製品ラインナップには、人工水晶(アズグロウン、ランバート)、ブランク、ウェハ、高精度表面実装形水晶振動子、超小型温度補償形水晶発振器(TCXO)<リードレスタイプ>、超小型電圧制御温度補償形水晶発振器(VCTCXO)<リードレスタイプ>、温度補償形水晶発振器(TCXO)、電圧制御温度補償形水晶発振器(VCTCXO)<リードレスタイプ>、セラミックパッケージ形水晶フィルタ、光学ローパスフィルタ水晶基板等がある。水晶振動子の表面実装型タイプには金スズAu-Sn融着封止とシーム溶接封止の2タイプがある。
京セラ
京都に本社を置く電子機器・情報通信機器、太陽電池やセラミック等の大手メーカー。 水晶振動子としては、移動体通信機器用などの一般用民生用と、車載用のラインナップがある。ほかに、クロック用発振器/VCXO、温度補償型水晶発振器(TCXO)、kHz帯水晶デバイス、産業用高精度発振器、水晶応用製品、SAWフィルタ/SAWデュプレクサ等も手掛ける。
エプソントヨコム
1938年に設立された水晶デバイスメーカー。水晶の特性を活かした3つのデバイス「タイミングデバイス」、「センシングデバイス」、「オプトデバイス」の製造開発を得意とし、これらを複合したモジュールの開発にも注力。水晶振動子としては、音叉型、ATカット、SAW共振子を製造販売。水晶発振器や、リアルタイムクロックモジュール、フィルタ、センサ、オプトデバイス、カーエレクトロニクス等も手掛ける。
大真空
1959年創業の水晶デバイス、電子機器のメーカー。兵庫県加古川市に本社を置く。水晶振動子/MHz帯水晶振動子、音叉型水晶振動子/kHz帯水晶振動子、水晶振動子/MHz帯水晶振動子〈カーエレクトロニクス用〉、音叉型水晶振動子/kHz帯水晶振動子〈カーエレクトロニクス用〉を手掛ける。
セイコーインスツル
水晶振動子、マイクロ電池、液晶表示デバイスやメカトロ事業(ウオッチ、HDD部品、小型サーマルプリンタなど)を手掛ける電子精密機器メーカー。民生品から産業用機器まで幅広い用途に水晶振動子を供給。超低消費電力タイプの水晶発振子など特長ある製品を開発。
シチズンファインテックミヨタ
水晶振動子、水晶発振器、水晶片や電子デバイス部品のメーカー。音叉型水晶振動子、ATカット水晶振動子、水晶発振器等を製造販売する。同社の技術ライブラリーのページでは水晶振動子の構造や原理などがわかりやすく紹介されている。シチズンファインテックとシチズンミヨタが2008年に合併して誕生。
山梨電波
昭和39年創業の水晶振動子メーカー。自動搭載による高密度自動実装に最適な水晶振動子やエージング特性、温度特性、対衝撃性に優れ、 均一な周波数可変幅を有した移動体通信用等に最適なリードタイプの小型振動子などを製造販売する。
東京クオーツ
水晶振動子メーカー。製品としては、水晶発振器、水晶フィルタ、水晶応用製品を手がけ、ラインナップには用途に応じて携帯電話、ページャー用水晶振動子、水晶フィルタや無線機用水晶振動子、電話機、ファクシミリ、オーディオ用水晶振動子、水晶フィルタ、 医療機器、計測装置用高安定型水晶発振器等がある。小ロット、短納期にも対応。低周波(220KHz〜)対応予定のTXC-H(8pinサイズ)シリーズやプログラマブル水晶発振器(TQC7Pシリーズ)にも特長。
光陽精密
高精度高周波水晶発振器・水晶デバイスのメーカー。独特の水晶研磨技術をもち、高周波対応の水晶発振器・水晶デバイス製品の製造を得意とする。主要製品として、高周波C−MOS水晶発振器、LV-PECL 出力水晶発振器、LVDS 出力水晶発振器、電圧制御水晶発振器が紹介されている。
九州電通
長崎県大村市にある水晶振動子をはじめとする水晶デバイスのメーカー。KDKのブランドで製品を販売。独自に開発した水晶の加工プロセスが、高周波の特殊デバイスの開発を可能にした。
グローバル
水晶振動子の素板(水晶ブランク)のメーカー。将来的には、GHz(ギガヘルツ)の水晶振動子を目標にとしており、現在のところ超高周波数水晶ブランクは基本波で600MHz前後まで量産態勢を整えている。
日興電子
水晶振動子、水晶発振器、水晶フィルタ、VCXO/TCXOなどを製造する水晶デバイスメーカー。NKDブランドで製造販売を行っている。
ソラチ・クォーツ
北海道にある水晶振動子のメーカー。1961年設立、モノリシッククリスタルフィルター、クリスタルフィルター、水晶フィルター、水晶発振器などを製造販売し、光学用基盤材も手がけている。
サンリード
新潟にある水晶振動子メーカー。表面実装型水晶振動子やリード型水晶振動子のラインナップがあり、1991年に世界発の高さ2.8 mmの薄型49U/SタイプのSMDを発表して以来、94年には2.5mm高SL-MC、さらに 97年には2.0mm高 SL-MGを開発、低周波領域におけるSMD製品のパイオニアとしての地位を確立。99年に1.0mm高 SL-CPを発表している。

スポンサーリンク

水晶振動子メーカーの一覧の関連分野リンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集