ねじゲージにはどのようなものがありますか

2012年9月14日更新

ねじも他の工業製品と同様に、寸法には許容される公差があります。この寸法許容差に収まっているかどうかを調べるために使われるのがゲージで、特にネジ用に作られたものを「ねじゲージ」といいます。

ねじゲージには大別すると、次の2タイプのものがあります。

標準ねじゲージ
めねじ用とおねじ用があり、それぞれねじ山が刻まれているゲージです。ネジがここを通ることができれば合格と判定するためのゲージです。めねじ用の栓ゲージ(プラグゲージ)と、おねじ用のねじリングゲージがセットになっています。
限界ねじゲージ
こちらのゲージは、標準ねじゲージと異なり、通ることが出来れば合格する通り側のほか、ねじが通ってはいけない止り側の二つを備えたゲージです。めねじ用のプラグゲージであれば、両端にそれぞれがついています。

また、上記のほかに、ねじピッチを測定するためのピッチゲージと呼ばれるものもあります。これはそれぞれ規定な間隔に切られた鋼板を束にした工具で、ねじ山の部分に山の形状が切られている鋼板をあてて、適合するかどうかを見るためのものです。

スポンサーリンク

ねじゲージについての関連記事

>このページ「ねじゲージにはどのようなものがありますか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集