集購材とは

2015年3月5日更新

集中購買によって購入される材料のことを一般に集購材と呼びますが、自動車業界で使われる場合、多くの場合、トヨタ集購のことを意味しています。鉄鋼材の集中購買を意味することが多い用語です。集中購買の原理としては、各工場でばらばらに購入する分散購買とは反対に、本社一括で大量購入することで、材料を安く仕入れるというものです。これをさらに拡大すると、大元の自動車メーカーが一括で購入し、自動車部品メーカーに有償で支給、結果として個々の部品メーカーが自分たちで調達するよりも安いコストに抑えることができ、原価低減になる、という仕組みです。

部品を製造する自動車部品メーカーの多くは、原価構成までも自動車メーカー側に提示するのが一般的であり、自動車メーカーとしてはコストを下げるために様々な策を講じており、この集購もその一つです。特に鉄鋼材料など、自動車メーカーが大量に購入するような材料の場合には、有償支給し、余った鋼材の端材などもスクラップした場合のコストとして試算され、部品を構成する「原材料」のコストを徹底的に落としていくことになります。支給されている鋼材に、マージン等を乗せることはほぼ不可能なため、正味の原価をどれだけ削っていくかということになります。

トヨタの場合、鋼材を有償ベースで下請けや部品メーカーへ供給しますが、これをトヨタ集購と呼びます。トヨタが大手の鋼材メーカーと交渉して値段を決める方式であり、大量購入が前提となるため、個々のメーカーや工場が個別に調達するよりも、鋼材が安く入ることから活用されています。集中購買先を集めた集購連絡会という集まりもあります。

スポンサーリンク

>このページ「」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集