インドにおけるPD BONDとは

2015年4月13日更新

PD BONDはProvisional Duty Bondの略で、インドにある会社が例えば海外の親会社から物品を輸入するときなどに当局へ支払うことになる保証金(担保金)のこと、もしくはその仕組み自体のことを指します。インドに現地法人を持っている会社にとっては馴染みのある用語かもしれません。

インドでは、親会社と子会社の間の貿易や、関連会社同士の貿易など、資本関係があるグループ間の貿易については、不当に安い価格で取引して関税をごまかさないよう監視する仕組みがあります。

インドで操業を行っている現地法人が、海外にある自社の関連会社や親会社から物品を輸入する場合、価格が不当に安くなっていないことを証明するため、当局の承認を得る必要があり、これをSVB(Special Valuation Branch)と呼びますが、このSVBの承認取得には時間がかかる為、この承認前段階で利用する仕組みであり、支払う担保金の事をPD Bondと呼びます。

関連会社間や親子間の貿易でSVB承認がない場合、必須になります。また税関ごとの対応が必要なため、例えばチェンナイでPD Bondを用いて通関したことがあったとしても、通関場所としてナバシェバ港をあらたに使うことになったというような場合、同港でのPD Bondの新規申請が必要になります。必要な書類が揃わない場合、通関にそれだけ余計に時間がかかる事になる点に留意が必要です。

スポンサーリンク

「インドにおけるPD BONDとは」の関連例文

>このページ「インドにおけるPD BONDとは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集