荷受人と輸入者が異なる場合はどうするか

2015年3月11日更新

荷受人(にうけにん)は、consignee(コンサイニー)とも呼ばれ、一般には荷物の「宛先」に相当する部分に住所や社名が記載されます。荷物の受取人であることが多いですが、必ずしもイコールではありません。一方、輸入者はImporterとも表記されますが、貿易取引においては一般的にその国への輸入に責任を持つ「買い手」となりますが、取引先(買い手、代金の支払者)がimporterではないというケースも存在します。

送り先と、請求先が同じ場合は、consigneeとimporterが同じことになりますので、インボイスには片方だけ記載されることも多く、特になんら問題もないので、自社内の規定に基づいてどちらの表現がよいか決めるだけの話です。

ただし、前述の通り、importerがbuyer(請求先)と異なることがあるため、誤解を避けたい場合、インボイスには「BILL TO:」で請求先を記入し、「SHIP TO:」で送り先を記入するというほうがよいかもしれません。相手の貿易経験によって、importerやconsigneeをどのように解釈するのかに違いが出る可能性があり、状況によっては誤解されることもあり得ます。

一方で、consigneeとimporterという用語と使いたい場合で、荷物は加工先の工場へ直送してほしい、というような場合は、荷受人であるconsigneeと請求先となるimporterは分けて記載する必要があります。荷受人の欄に、SHIP TOと記載し、importerの欄にBILL TOと記載してそれぞれの住所と社名を記入する方法については前述の通りですが、これと同じように両者を書き分ける方法となります。配達先と請求先が異なる場合は、インボイスの表記についてはこのように双方を記載しておく必要があります。

このように荷受人と輸入者を書き分けるケースというのは、輸入者や輸出者と異なる国へ納入してほしいというような三国間貿易と呼ばれる形の貿易の際にも使います。

スポンサーリンク

「荷受人と輸入者が異なる場合はどうするか」の関連例文

>このページ「荷受人と輸入者が異なる場合はどうするか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集