銅ニッケル合金の種類と特性

2011年1月14日更新

銅とニッケルをベースとした銅合金は、名称が示している通り、色味が白くなるため、特に洋白(洋銀)はその見た目ゆえ、古来から銀の代用品として貨幣などにも使われてきました。外観だけでなく、物理的な性質を見ても強い耐食性を持ち、耐海水性も持ち合せていることから、腹水器管や熱交換器管としても使われています。銅とニッケルの比率の違いにより、以前は銅:ニッケルが90:10、80:20、70:30の三種類のものがありましたが、規格上はさらに種類があります。

白銅|キュプロニッケル
銅は一般に、加工した際の硬化(加工硬化率)が強く、硬度や強度の調整のために活用されるくらいですが、この白銅は比較的硬化しにくいため、圧延や深絞りなどの塑性加工性も良好です。キュプロニッケルともいいます。引張強さや硬さはニッケルの含有量が多いほど大きくなっていきますが、60%をピークに以降は徐々に低下していきます。靭性も大きい材料として知られます。
耐食性については硝酸などの強酸には耐えられませんが、それ以外の酸や海水には耐性があります。高温強度(250℃以上)についても黄銅に比べると高い値を示しますが、これは白銅の中の不純物にもよります。
洋白(洋銀)
白銅はCu-Ni系の銅合金ですが、これにZn(亜鉛)を加えたものが洋白です。銀白色であり、一見すると銅とはわかりづらく、装飾品としても使われてきた素材です。また見た目の色だけでなく、耐疲労強度やばね特性も優秀で、ばねとしても使われています。亜鉛の量が耐食性や強度に影響し、この量が増えるとこれらは弱くなっていきます。

JIS規格に規定のある白銅や洋白の材料記号

伸銅品のうち、白銅や洋白としては下記のC7000番台のものについて定められています。

スポンサーリンク

>このページ「銅ニッケル合金の種類と特性について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
銅と銅合金の種類、特性についてへ戻る

銅ニッケル合金の種類と特性についての関連記事とリンク

真鍮、黄銅の材料記号一覧
銅合金の導電率について
銅合金の強度、機械的性質について
銅合金の質別記号について
銅の比重、密度の一覧
純銅の種類、成分、特徴
無酸素銅|C1020
電子管用無酸素銅|C1011
タフピッチ銅|C1100
りん脱酸銅|C1201
りん脱酸銅|C1220
りん脱酸銅|C1221
高銅合金の種類|ベリリウム銅、チタン銅、銀入り銅、錫入り銅、クロム銅、ジルコニウム銅、銅鉄合金
コルソン合金
錫(すず)入り銅|C1441
ジルコニウム入り銅|C1510
鉄入り銅|C1921
鉄入り銅|C1940
ばね用ベリリウム銅|C1700、C1720
ばね用低ベリリウム銅|C1751
ばね用チタン銅|C1990
黄銅(真鍮)の種類と特徴、成分
雷管用銅(C2051)
丹銅(C2100、C2200、C2300、C2400)
七三黄銅(C2600、C2680)
65/35黄銅(C2700、C2720)
六四黄銅(C2800、C2801)
快削黄銅(C3560、C3561、C3710、C3713)
すず入り黄銅(C4250)
ネーバル黄銅(C4621、C4640)
アドミラルティ黄銅(C4430)
アルミニウム黄銅(C6870、C6871、C6872)
高力黄銅(C6782、C6783)
青銅の種類、成分、特徴
りん青銅|C5050
りん青銅|C5071
りん青銅|C5102
りん青銅|C5111
りん青銅|C5191、C5212
快削りん青銅|C5341、C5441
ばね用りん青銅|C5210
アルミニウム青銅|C6140
アルミニウム青銅|C6161
アルミニウム青銅|C6191
アルミニウム青銅|C6241
アルミニウム青銅|C6280
アルミニウム青銅|C6301
緑青には毒性があるか
銅(元素記号 Cu)の用途、特性、物性、密度、比重、融点、沸点など
鉄と非鉄の違い
非鉄金属の種類
伸銅品メーカー(純銅、白銅、黄銅、青銅、ベリリウム銅、洋白など)の一覧
第74類 銅及びその製品|HSコードの一覧表

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集