銅合金の導電率について

2011年1月19日更新

銅や銅合金の導電率は、純度が高いほどよくなりますが、機械的な強度や耐熱性などの諸特性はあまり高くなりません。そこで両者のバランスを見ながら材料を選択していくことになります。銅が選択されるケースのほとんどは、その高い導電性に着目されているため、いかにこの値と他の特性を両立できるかが鍵となります。

銅の導電率をみるときはIACSが用いられます。IACSとは電気抵抗の基準として国際的に採用された焼鈍(アニール処理された)標準軟銅のことで、体積低効率は1.724 1 × 10-2μΩm(導電率100%IACS)と規定されています。

銅はわずかな不純物で導電性が下がってしまう材料ですが、最も純度の高い「無酸素銅」で導電率は100〜103% IACS、同じく純銅で無酸素銅よりは純度の低いタフピッチ銅で96〜101% IACS、りん脱酸銅で83〜88%となります。他にも導電性の高さで知られる銅合金には、銀入り銅(98% IACS)、錫入り銅(65% IACS)、クロム銅(80% IACS)、ジルコニウム銅(85% IACS)等があります。

スポンサーリンク

>銅合金の導電率についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

銅合金の導電率についての関連記事とリンク

銅と銅合金の種類、特性
銅合金の強度、機械的性質について
銅合金の質別記号について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集