鉄と非鉄の違いについて

2012年7月23日更新

鉄と非鉄というときは、「鉄鋼」と「非鉄金属」を比較しているケースがほとんどです。鉄鋼はその名の通り、鉄をベースにした鋼材で、反対に非鉄金属とは鉄をベースにしていない金属の総称です。非鉄金属には、例えばアルミニウムや銅、チタン、マグネシウム、ニッケル合金、レアアースなどが含まれます。

産業の規模としては、鉄鋼はボリュームが非常に大きく、粗鋼の生産量は日本国内合計で1億トンを超えます。世界で見ると、鉄鋼業界のおける生産規模は14億トンを超える規模となります。対して、非鉄金属の場合は、もともとが軽い金属も多く、単純に比較するのは難しいのですが、例えば、国内の銅地金生産量を見ると、年間約150万トンを超える規模となります。

非鉄金属のほとんどは、キロ当たりの単価で見ても、鉄鋼よりも高価なものがほとんどで、レアメタルと呼ばれるものになると、さらに高値で取引されています。

性質でその違いを見ると、鉄鋼は廉価でかつ重厚な構造物の用途から小さな部品まで幅広く使われる汎用性の高い材料です。対して、非鉄金属は、軽さであったり、導電性であったり、比強度であったり、鉄鋼では出すことが出来ない特殊な用途で活躍しているものが多く見られます。

スポンサーリンク

>「鉄と非鉄の違いについて」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「鉄と非鉄の違いについて」の関連記事とリンク

リムド鋼
キルド鋼
セミキルド鋼
アルミとアルミ合金の種類
チタンとチタン合金
銅、銅合金、真鍮の種類
マグネシウム合金の種類
ニッケル合金の種類
鉄鋼材料の種類、材料記号について
日本の鉄鋼メーカーの一覧
世界の鉄鋼メーカー(粗鋼)の一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集