自動車の補給品について

2014年2月12日更新

補給品とは、サービス部品、補用品とも呼ばれ、英語ではsupply parts, service partsと呼ばれたりもしますが、量産で用いる部品ではなく、事故車両の修理・補修や、定期部品の交換をはじめ、主として車両アフターサービス用途の部品のことです。

自動車部品の場合、生産中止が決定され、量産打ち切りの連絡がきたあとも、その部品を10年は供給できる体制にしておくことが求められます。

基本的には量産で流れていたときのものと同じなのですが、自動車部品に使う材料や部品の多くは数万、数十万という単位で流れてはじめて採算があうようなものが多いため、いつくるかどうかもわからない少量のオーダーでは採算をあわせることは困難です。

量が減っているため、単価も量産のときと違い、高めにする必要があるのですが、実際には量産時と同じ単価が適用されてしまうことも少なくありません。量産ラインが他の部品で塞がってしまっており、下請けに出したりして対処しているところもあります。

似たような部品であっても、微妙に違うものが何百、何千種類と流れる部品もありますので、こうした場合、金型を保管しておく費用もかなりのものとなります。あまりに特殊なものであれば、それなりの価格となる旨交渉する余地もありますが、通常は量産で流れているもので採算をあわせることに注力しますので、こうした隠れたコストは意外に見過ごされがちとなっています。

スポンサーリンク

>このページ「自動車の補給品について」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集