SS400の相当品、相当材|ASTM、EN、ISOにおけるSS400

2014年3月10日更新

SS400は炭素量の規定がなく、板厚ごとの引張強度と降伏点の規定のみであるため、JIS規格内でもSS400相当材と呼べる候補は複数あります。ASTMやISO、ENなどいずれの海外規格においても、炭素量の上限は規定で定められているため、厳密にSS400と同じというわけではありませんが、近い機械的性質や強度を持つ材料を一覧にすると下表のようになります。ただし、用途によってはこれ以外の相当材も多数存在することになります。

また、ASTMについても似た板厚と強度を持つ規格材料は多数存在する為、こちらについても相当材の候補が複数あることになります。したがって、下表はこれらの一例となります。

ASTM、EN、ISOにおけるSS400の相当品

海外規格におけるSS400の相当品、相当材
規格の種類 対応する材料記号 備考
ASTM A36 材料記号ではなく規格番号。構造用圧延鋼板のインチ、ポンドによる規格。
ASTM A36M 材料記号ではなく規格番号。構造用圧延鋼板のSI単位による規格。
ASTM D ASTM A283による。炭素量0.27%以下。
ASTM 58 ASTM A573による。400から490MPaの引張強度。
ASTM 65 板厚は13mm以下と40mm以下。ASTM A573による。引張強さは450から530Mpa。
ASTM A ASTM A633による。引張強さ430から570MPa。板厚100mm以下。
ASTM 36 ASTM A709による。20mm、40mm、65mm、100mmを基準として4段階の板厚範囲。400から550MPaの引張強さ。
ASTM 50 ASTM A709による。引張強さ450MPa以上。
EN S275JR、S275J0、S275J2 EN 10025-2による。410から560MPa、430から580MPaなどの引張強度。
EN S275N、S275NL EN 10025-3による。370から510MPaの引張強度等。
EN S275M、S275ML EN 10025-4による。370から530MPa。
ISO E275A、E275B、E275C、E275D ISO 630による。410から540MPaの引張強さ。

スポンサーリンク

SS材の種類と材料記号

一般構造用圧延鋼材(SS材)の一覧へ戻る
加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

SS400の相当品、相当材|ASTM、EN、ISOにおけるSS400についての関連記事とリンク

s45cとss400の違いについて
SS材の炭素量の計算方法
金属材料の硬度の一覧と比較
鉄鋼材料、鉄、炭素鋼、工具鋼の比重
鉄鋼、炭素鋼、鋳鉄、純鉄、ステンレスの熱伝導率
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、ハイスの比熱
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、鋳鉄、超硬の熱膨張係数
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレスの電気抵抗

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集