リムド鋼

2010年8月26日更新

鉄鋼材料の原料となる鋼の一種で、従来はSS材(一般圧延鋼材)の鋼板(板厚12mm未満)、線材、薄板などで使われてきました。脱酸の度合いはキルド鋼に劣りますが、キルド鋼よりも歩留まりが良く、純鉄に近い成分を持つ部分もあり、見た目(表面の肌)がきれいな鋼です。脱酸剤としては、フェロマンガン、少量のアルミニウムなどを使い、沸騰撹拌(リミングアクション)しながら凝固させたものです。ただ、塊の中央部に特定の元素(P、C、S)が偏ってしまう傾向(偏析)があり、周辺部にも気泡ができる傾向があるため、厚めの板では使われず薄板などのみに使われてきました。連続鋳造法の確立後は、キルド鋼の歩留まりの問題等が解消され、ほとんどの鉄鋼材料はキルド鋼にシフトしていったという経緯があります。リムド鋼やキルド鋼が使い分けられていた時代は、完成品の鉄鋼材料につきSiの含有量によってどちらが出発材料なのか判別することも行われていました。

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集