プラスチックの融点、耐熱温度の一覧

2012年11月22日更新

プラスチックは大きく、熱をかけたときに溶けるもの(=熱可塑性プラスチック)と硬く固まるもの(=熱硬化性プラスチック)とに分類できます。部品や構造材、外装など、何らかのパーツとしてプラスチックを用いる場合には、常用を考慮した際にどのくらいの温度までが限界なのか、単に融点だけでなく、耐熱温度やプラスチックの熱変形温度も踏まえて検討する必要があります。また用途によっては、熱膨張や軟化、燃焼性、強度がどのように変わっていくのかという点にも留意する必要があります。プラスチックの物性はフィラー(充填材)の種類と割合にも影響を受けます。

プラスチックの融点、耐熱温度の一覧表
プラスチックの種類 記号 融点(℃) 耐熱温度(℃) 分類
ポリエチレン PE 低密度ポリエチレン:95から130、高密度ポリエチレン:120から140 低密度ポリエチレン:70〜90℃、高密度ポリエチレン:90〜110℃ 熱可塑性樹脂
ポリプロピレン PP 168℃ 100〜140℃ 熱可塑性樹脂
ポリスチレン PS 100℃ 70〜90℃ 熱可塑性樹脂
AS樹脂(アクリロニトリルスチレン) SAN、AS 115℃ 80〜100℃ 熱可塑性樹脂
ABS樹脂 ABS 耐高衝撃性ABS樹脂:100から110℃、耐燃性ABS樹脂:100から125℃、グラスファイバー(GF)充填:110から125℃ 70〜100℃ 熱可塑性樹脂
ポリ塩化ビニル、塩化ビニル樹脂 PVC 85〜210℃ 60〜80℃ 熱可塑性樹脂
アクリル樹脂、メタクリル樹脂 PMMA 90から105℃ 70〜90℃ 熱可塑性樹脂
PET樹脂、ポリエチレンテレフタレート PET 約255℃ 延伸フィルム:200℃程度、無延伸シート:60℃、耐熱ボトル:85℃ 熱可塑性樹脂
PVA樹脂、ポリビニルアルコール PVAL 約200℃ 40〜80℃ 熱可塑性樹脂
ポリ塩化ビニリデン PVDC 210℃ 130〜150℃ 熱可塑性樹脂
ポリフッ化ビニリデン PVDF 134〜169℃ 150℃前後 熱可塑性樹脂
ナイロン6(ポリアミド) PA6 225℃ 80〜140℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
ナイロン66(ポリアミド) PA66 265℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
ナイロン12(ポリアミド) PA12 176℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
アセタール樹脂、ポリアセタール POM 181℃ 80〜120℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
ポリカーボネート PC 150℃ 120℃〜130℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
PBT樹脂、ポリブチレンテレフタレート PBT 232〜267℃ 60〜140℃ 熱可塑性樹脂、エンプラ
ポリフェニレンスルファイド PPS 290℃ 220℃〜240℃前後 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
ポリイミド樹脂 PI 熱硬化 500℃以上 熱硬化性樹脂、スーパーエンプラ
ポリエーテルイミド PEI 215〜217℃ 170℃前後 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
ポリスルフォン、ポリスルホン PSF、PSU 200℃ 150℃ 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
ポリテトラフルオロエチレン、フッ素樹脂 PTFE 約327℃ 260℃ 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
ポリクロロトリフルオロエチレン、フッ素樹脂 PCTFE 220℃ 120℃前後 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
ポリアミドイミド PAI 300℃ 275℃前後 熱可塑性樹脂、スーパーエンプラ
フェノール樹脂 PF 熱硬化 150℃ 熱硬化性樹脂
ユリア樹脂 UF 熱硬化 90℃ 熱硬化性樹脂
メラミン樹脂 MF 熱硬化 110〜130℃ 熱硬化性樹脂
不飽和ポリエステル UP 熱硬化 130〜150℃ 熱硬化性樹脂
ポリウレタン、ウレタン樹脂 PU 熱硬化 90〜130℃ 熱硬化性樹脂
アリル樹脂、ジアリルフタレート PDAP 熱硬化 270℃前後 熱硬化性樹脂
シリコン樹脂、シリコーン SI 300℃前後、熱硬化 200℃以上。条件により400℃、一般に常用温度は−65℃〜315℃程度 熱硬化性樹脂
エポキシ樹脂 EP 熱硬化 150〜200℃ 熱硬化性樹脂
フラン樹脂、フラン-ホルムアルデヒド樹脂 FF 熱硬化 200℃前後 熱硬化性樹脂
アセチルセルロース、酢酸セルロース CA 230℃ 熱可塑性樹脂、繊維素系
ニトロセルロース、硝酸セルロース CN 171℃ 熱可塑性樹脂、繊維素系
プロピオン酸セルロース CP 190℃付近 熱可塑性樹脂、繊維素系
エチルセルロース EC 135〜240℃ - 熱可塑性樹脂、繊維素系

スポンサーリンク

>このページ「プラスチックの融点、耐熱温度の一覧」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「プラスチックの種類と用途、物性について」へ戻る

プラスチックの融点、耐熱温度の一覧の関連記事とリンク

プラスチック(樹脂)の種類と記号一覧表
プラスチックの比重、密度の一覧表
プラスチックの融点、耐熱温度の一覧表
プラスチックの熱変形温度の一覧表
プラスチックの難燃性|UL規格と酸素指数から見る難燃性の度合い
プラスチックの引張強さの一覧表
プラスチックの比熱の一覧表
プラスチックの熱膨張係数、熱膨張率の一覧
プラスチックの熱伝導率の一覧
アロイ化とは
熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の違い
フェノール樹脂(PF)
ユリア樹脂(UF)
メラミン樹脂(MF)
不飽和ポリエステル樹脂(UP)
ポリウレタン(PU)
ジアリルフタレート樹脂(PDAP)、アリル樹脂
シリコン樹脂(SI)
アルキド樹脂
エポキシ樹脂(EP)
フラン樹脂
ナイロン6(PA6):ポリアミド(PA)の一種
ナイロン66(PA66):ポリアミド(PA)の一種
ナイロン12(PA12):ポリアミド(PA)の一種
ポリアミドイミド
ポリアセタール(POM)
ポリカーボネート(PC)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリブチレンテレフタラート(PBT)
GF強化ポリエチレンテレフタラート(GF-PET)
超高分子量ポリエチレン(UHPE)
ポリフェニレンスルフィド(PPS)
ポリイミド(PI)
ポリエーテルイミド(PEI)
ポリアリレート(PAR)
ポリスルホン(PSF)
ポリエーテルスルホン(PES)
ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
液晶ポリマー(LCP)
ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、いわゆるフッ素樹脂
ポリクロロトリフルオロエチレン(PCTFE)、いわゆるフッ素樹脂
ポリエチレン(PE)
ポリプロピレン(PP)
ポリスチレン(PS)
アクリロニトリル−スチレン樹脂(AS樹脂)
アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン樹脂(ABS樹脂)
ポリ塩化ビニル(PVC)
メタクリル樹脂(PMMA)
ポリエチレンテレフタラート(PET)
ポリビニルアルコール(PVA)
酢酸セルロース(CA)
プロピオン酸セルロース(CP)
硝酸セルロース(CN)
フラン-ホルムアルデヒド樹脂(FF)
エチルセルロース(EC)
フェノール-ホルムアルデヒド樹脂(フェノール樹脂)(PF)
ポリスルホン、ポリスルフォン(PSU)
ポリ塩化ビニリデン(PVDC)
ポリフッ化ビニリデン(PVDF)
アイオノマー樹脂
FRP(繊維強化プラスチック)
炭素繊維メーカーの一覧
プラスチックの黄ばみ除去について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集