プラスチックの黄ばみは研磨で除去可能か

2011年11月9日更新

プラスチック製のものは長い間野外に放置したり、太陽光や風雨にさらされていると、汚れだけでなく、本来透明である材質が黄ばんでしまうことがあります。黄変劣化とも呼ばれるこの現象は、自動車のヘッドライトカバーを見れば一目瞭然で、表面にプラスチックを保護するコーティングを施したり、樹脂そのものに改良を加えて黄ばみにくくしたりなどがされてはいますが、長い時間が経てばどうしても紫外線により劣化してしまうのが樹脂です。最近では、かなり耐侯性に優れている劣化しにくいものも出てきていますが、完全に黄変劣化しないというものは寡聞にして知りません。

結論からいえば、プラスチックのどの程度の深さまで黄ばみが進行しているかによって研磨が通用するかどうかが決まります。一般的には樹脂の黄変はごく表層のみで進行しているため、ヘッドライト研磨用のコンパウンドやそれに近い研磨材で車のヘッドライトなどを磨くと、黄ばみがきれいに取れます。ただ、表面だけでなく、樹脂の内部深くまで黄ばんでしまっている場合は、そこまで削れなければ研磨で除去するということは難しいと言えます。

ちなみに、車のヘッドライトの場合はPC(ポリカーボネート)が良く使われていますが、アルミナ系をベースにした細かい砥粒と相性が良いです。大きな粒度のものを使いすぎると、黄ばみは取れても傷だらけになってしまったり、逆に光やあらぬ方向に乱反射したりすることになるので、細かいものから試したほうがよいでしょう。なお、現在市販されているヘッドライトのほとんどは表面に透明なコーティングが施されています(紫外線から守る等の効果)。プラスチックが黄ばんでいるということは、このコーティングが高い確率で剥がれてしまっているということです。筆者が見た例では、部分的にコーティングが剥がれ、その部分が黄ばんでいるというものが多いように感じられました。

なお、弱いコンパウンド程度では通常コーティングにダメージを与えることはありませんが、この辺は様子を見ながら行ったほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

>「プラスチックの黄ばみは研磨で除去可能か」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「プラスチックの黄ばみは研磨で除去可能か」についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集