パソコンのHSコードは|HSコードの一覧表と調べ方、検索の仕方

2013年12月19日更新

デスクトップパソコンやノートパソコンに相当するHSコードは、上4桁の項で見た場合、8471のカテゴリーとなります。パソコンを表現するための用語として「自動データ処理機械、及びこれを構成するユニット」と書かれているため、一見すると何のことかわかりにくいですが、パソコンと記憶装置の類はいずれもこの8471項番のカテゴリーとなります。

LAN用のハブやプリンター、コピー機、複写機、スキャナー、音楽プレーヤーなどは単独ではこのカテゴリーに入りません。また、テレビカメラ、モニター、プロジェクター、デジタルカメラ、ビデオカメラ、マイクロホン、拡声器、マイクなども自動データ処理機能を持っていたとしても、単独ではこれらも該当しません。

パソコンやCPUなどを組み込んだ装置やパソコンと連動して動く機械は、その機械が何かによってHSコードが決まります。実際には、データ処理機能が組み込まれた機械は、データ処理以外の機能を持つことがほとんどであるため、この分類からは外れます。

パソコンが該当するこの8471項について、HSコードの決め方においては最優先されるルールである類注によると、自動データ処理機械の定義をはじめ、以下の通りとなります。

HSコードにおける自動データ処理機械(パソコン)の定義

5(A) 第八四・七一項において「自動データ処理機械」とは、次の能力を有する物品をいう。
(i) 処理用プログラム及びその実行に直接必要なデータを記憶すること。 
(ii) 使用者の必要に応じて異なるプログラムを受け入れることができること。 
(iii) 使用者が特定する算術計算を実行すること。
(iv) 人の介入なしに、処理用プログラム(処理の進行中において論理判断によりその実行の変更を命令するもの)を実行すること。

(B) 自動データ処理機械は、異なるユニットによりシステムを構成するものであるかないかを問わない。 

(C) (D)及び(E)の規定に従うことを条件として、ユニットは、次の要件を満たす場合には、自動データ処理システムの一部とみなす。
  (i) 自動データ処理システムに専ら又は主として使用する種類のものであること。
  (ii) 中央処理装置に直接又は一以上の他のユニットを介して接続することができること。
  (iii) 当該システムにおいて使用する形式の符号又は信号によるデータを受け入れ又は送り出すことができること。
  自動データ処理機械を構成するユニットは、単独で提示する場合にも、第八四・七一項に属する。
  また、(C)(ii)及び(C)(iii)の要件を満たすキーボード、X―Y座標入力装置及びディスク記憶装置は、自動データ処理機械を構成するユニットとして第八四・七一項に属する。

     

 (D) 5(C)の条件を満たす場合であつても、第八四・七一項には、単独で提示する場合には、次の物品を含まない。
  (i) プリンター、複写機及びファクシミリ(結合してあるかないかを問わない。)
  (ii) 音声、画像その他のデータを送受信するための機器(有線又は無線回線網(例えば、ローカルエリアネットワーク(LAN)又はワイドエリアネットワーク(WAN))において通信するための機器を含む。)
  (iii) 拡声器及びマイクロホン
  (iv) テレビジョンカメラ、デジタルカメラ及びビデオカメラレコーダー
  (v) モニター及びプロジェクター(テレビジョン受像機を除く。)

(E) 自動データ処理機械を自蔵する機械及び自動データ処理機械と連係して作動する機械で、データ処理以外の特定の機能を有するものは、当該特定の機能に基づいてその所属を決定する。この場合において、該当する項がない場合には、その他のものの項に属する。

 

1 第八四七一・四九号において「システム」とは、自動データ処理機械で、当該機械を構成するユニットが第八四類の注5(C)の要件を満たし、かつ、少なくとも一の中央処理装置、一の入力装置(例えば、キーボード及びスキャナー)及び一の出力装置(例えば、ディスプレイ及びプリンター)から成るものをいう。

詳細に見ていくと、以下のとおりになります。

パソコンが該当するHSコード
HSコード 内容
847130 携帯用の自動データ処理機械とあり、10キロを超えないノートパソコンなどで、CPU、キーボード、ディスプレイがついているものがここに該当します。
847141 入力装置と、出力装置、CPUに相当する中央処理装置があるパソコンがこの番号となります。これらが同一のハウジングに収納という条件がありますが、デスクトップパソコンをはじめ、パソコンの多くが該当する項目になります。
847149 上記に該当しないパソコンで、システムの形態になっているもの。システムの定義は、自動処理機械、自動処理システムの定義を満たした上で、上記の類注にあるとおり、キーボード(入力装置)とディスプレイ(出力装置)などの組み合わせになっているもの。
847150 847141、847149に該当しないもので、処理装置に相当するものがカテゴライズされます。これは入力装置、出力装置、記憶装置が同一のハウジングに格納されていなくともよい分類となります。パソコンでいうCPUの部分です。
847160 パソコンの入力装置、出力装置
847170 記憶装置が該当するHSコードで、ハードディスクのみを送る場合、磁気ディスク、CD-ROM装置、光ディスク装置などもこの項目になります。
847180 自動データ処理に使う機械のユニットで、上記のいずれにも該当しないその他の装置。
847190 その他のもの

該当するHSコードの分類番号

>HSコード一覧表の目次へ戻る

スポンサーリンク

「パソコンのHSコードは|HSコードの一覧表と調べ方、検索の仕方の関連記事

>このページ「|HSコードの一覧表と調べ方、検索の仕方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集